【ポケモン剣盾S13使用構築】崖っぷちビースティングブースティング(最終380位、最終レート1964)

f:id:PokeCenIncho:20210101222337j:image

【はじめに

こんにちは。ポケセン院長です。(https://mobile.twitter.com/pokecenincho

ポケモン剣盾S13の構築記事を残します。

最終4日前に20000位という崖っぷちの順位でしたが、アーゴヨンビースティングブースティングで這い上がってまいりました。

2000達成記事ではないため、あまり需要はないかと思いますが、見てもらえると嬉しいです。

 

【成績】

TN:ATENZA

最終順位:380位

最終レート:1964

 

【構築経緯】

※12月の没構築経緯が続きます。

12/1~12/23

バンギラス入りサイクル構築(没理由:選出択が多い(根本的な原因は構築組むのが下手))

 構築作成時「f:id:PokeCenIncho:20201201192207j:plainがトップメタだからそこに強いf:id:PokeCenIncho:20210101221238j:plainからサイクル構築を組んでみよう」

 →選出画面「f:id:PokeCenIncho:20201201192207j:plainいるからf:id:PokeCenIncho:20210101221238j:plain出すか~」

 →対戦時「f:id:PokeCenIncho:20201201192207j:plain出てこなくてf:id:PokeCenIncho:20210101221238j:plain腐っとるじゃねーか」

 →敗戦後「うっぜぇぇぇ、バンッ!(台パン)」

②サンダーボルチェン展開(没理由:選出の時点で相手と会話できないと選出負けする(根本的な原因は構築組むのが下手))

 構築作成時「f:id:PokeCenIncho:20201201192207j:plainメタられてることを裏目にとって初手f:id:PokeCenIncho:20201201192207j:plainからのボルチェンで有利対面とっていこう」

 →選出画面「よーし、f:id:PokeCenIncho:20201201192207j:plain初手に出してf:id:PokeCenIncho:20201201192337j:plain誘ってf:id:PokeCenIncho:20201201192302j:plainで全抜きしたろ」

 →対戦時「初手タスキf:id:PokeCenIncho:20201201192337j:plain多すぎわろた 」Or「スカーフf:id:PokeCenIncho:20201201192337j:plain4ね」

 →敗戦後「うりゃぁぁ、バンッ(コントローラー投げる)」

③初手ダイマ構築(没理由:過剰に交換読みとか警戒する自分の性格と合わない)

構築作成時→「シンプルな構築コンセプトが良いな、初手ダイマ構築使ってみるか、f:id:PokeCenIncho:20201201192207j:plainはメタられてるし、f:id:PokeCenIncho:20210101220734j:plainが1番よいかな?裏選出はある程度サイクルができて...etc」

 →選出画面「f:id:PokeCenIncho:20210101220734j:plain通せそうだから出すか~」

 →対戦時「初手から択が、、、ダイマ考慮するでしょ、ダイアイス(交換読み)」

 →敗戦後「Twitter特定してやる」※流石に冗談です

 

その他にもf:id:PokeCenIncho:20201031230452j:plain入れとけばf:id:PokeCenIncho:20201201192207j:plain
は初手ダイマしてこないでしょという思考の元、ラッキーを入れても初手ダイマされて切れたり、ほんとにいろいろありました。

 

12/24~12/25

自分にiPhone12 Pro Maxをプレゼントしました。

とっても幸せなクリスマスでした。

 

12/26

この日から旅行、移動中のわいは後部座席におりました。

AM 09:00 「30000位、、、、今期は無理やな、今日から旅行だし楽しんでこよ」

AM 11:00「あれ?もしかしてHDf:id:PokeCenIncho:20201201194105j:plainって環境のほとんどのポケモンに行動保障持たせれてめっちゃ強くね?」

AM 16:00「移動中に構築できたー、結構しっくりきてるぞー」

 

てなわけで旅行での移動中に閃いて、育成しました。

 

【構築コンセプト】

①HDf:id:PokeCenIncho:20201201194105j:plainが環境のトップメタを含んだほどんどのポケモンに対して行動保障を持つことができることに注目してf:id:PokeCenIncho:20201201194105j:plainから構築を組むことにした。

f:id:PokeCenIncho:20201201194105j:plainを活かすには全抜き性能が高いエースポケモンと組ませるのが1番だと思い、ビーストブーストによる破格の抜き性能を持つf:id:PokeCenIncho:20210101215724j:plainをエースとして採用した。

③初手で1匹持っていってもらう枠でf:id:PokeCenIncho:20210101220129j:plainを採用。

というのもf:id:PokeCenIncho:20201201194105j:plainを初手から展開するのは下記の理由から控えた。

 ・f:id:PokeCenIncho:20201201194105j:plain読みで初手からf:id:PokeCenIncho:20201201194105j:plainをワンパンするポケモンが出てくると試合が不利になる

 ・初手で起点を作って3タテを毎回狙うのは流石に困難(ダイマターンを枯らすのが容易すぎる)

 よって、初手に対面性能が高いポケモンを出し、対面処理をしてから(2vs2の状況を作ってから)f:id:PokeCenIncho:20201201194105j:plain展開をしたほうが安定すると考えた。

f:id:PokeCenIncho:20210101220129j:plainf:id:PokeCenIncho:20201201194105j:plainを見せるとf:id:PokeCenIncho:20201201192049j:plainやスカーフ水f:id:PokeCenIncho:20201031230136j:plainを強烈に誘うため、そこに強い、かつf:id:PokeCenIncho:20201201194105j:plainと相性保管がよくサイクルも可能なf:id:PokeCenIncho:20210101220353p:plainを採用。

⑤どうしてもf:id:PokeCenIncho:20210101215724j:plain展開が難しそうOrエースもサイクルに組み込まない場面があるので、サイクル介入可能な裏エースとしてf:id:PokeCenIncho:20210101220158j:plainを採用。

⑥受けループ対策兼、f:id:PokeCenIncho:20210101220444j:plainの抑制でf:id:PokeCenIncho:20201201192357j:plainを採用。

 

【選出パターン】

①基本選出1(初手f:id:PokeCenIncho:20210101220129j:plainf:id:PokeCenIncho:20201201194105j:plainf:id:PokeCenIncho:20210101215724j:plain

 初手f:id:PokeCenIncho:20210101220129j:plainで相手を1匹持っていく

 →f:id:PokeCenIncho:20201201194105j:plainで起点を作る

 →f:id:PokeCenIncho:20210101215724j:plainで全抜き

②基本選出2(初手f:id:PokeCenIncho:20210101220353p:plain、裏f:id:PokeCenIncho:20201201194105j:plainf:id:PokeCenIncho:20210101215724j:plain

 水f:id:PokeCenIncho:20210101220353p:plainf:id:PokeCenIncho:20201201194105j:plainでサイクル

 →うまくf:id:PokeCenIncho:20201201194105j:plainで起点を作る

 →f:id:PokeCenIncho:20210101215724j:plainで全抜き

③サイクル選出(f:id:PokeCenIncho:20210101220353p:plainf:id:PokeCenIncho:20201201194105j:plainf:id:PokeCenIncho:20210101220158j:plain) 

 →サイクルで勝つ Or f:id:PokeCenIncho:20210101220158j:plainで全抜き

④対受け構築(f:id:PokeCenIncho:20201201192357j:plain@2)

 がんばる

 

 

【構築の反省点】

f:id:PokeCenIncho:20210101220353p:plainはもっと耐久に努力値を割くべきだった。

 →S7辺りに使っていた個体をそのまま使ったため、耐久調整がいろいろ古いままだった

f:id:PokeCenIncho:20210101220444j:plainが出てくるときつすぎた。

 →f:id:PokeCenIncho:20201201192357j:plainで牽制できてないのか、平然と出てきたw

【個別紹介】

f:id:PokeCenIncho:20210101213406p:plain

カバルドン@オボンのみ(選出率1位)

特性:すなおこし 性格:わんぱく 

技構成:じしん、あくび、ステルスロック、ふきとばし

215(252)-132(0)-154(12)-x-123(244)-67(0)

・本構築の主軸

・環境にいるほとんどのポケモンに対して行動保障が持てる点を評価

・いかにこいつの有利対面を作るか考えた

 

 

f:id:PokeCenIncho:20210101213440p:plain

アーゴヨン@いのちのたま(選出率2位)

特性:ビースティングブースティング 性格:ひかえめ

技構成:りゅうせいぐんヘドロウェーブかえんほうしゃエアスラッシュ

149(4)-x-93(0)-196(252)-93(0)-173(252)

・火力厨なので控え目で採用

・実際控え目で確定数変わる相手は結構いるので、控え目でよかったとは思っている

 

f:id:PokeCenIncho:20210101213519p:plain

フェローチェ @きあいのたすき (選出率3位)

特性:ビースティングブースティング 性格:やんちゃ※BPなかった泣

技構成:インファイトトリプルアクセル、どくづき、フェイント

146(0)-205(236)-71(108)-x-51(0)-192(164)

・目の前のポケモンを一匹持ってくことが仕事なので、とんぼ返りは不採用。

・裏から出てきたポケモンのダイジェット等の起点にされてもf:id:PokeCenIncho:20201201194105j:plainが何とかしてくれることを信じる

 

f:id:PokeCenIncho:20201201190026p:plain

エースバーン@たつじんのおび(選出率6位)

特性:リベロ 性格:いじっぱり

技構成:火炎ボール、とびひざげりしねんのずつき、とんぼがえり

155(0)-184(252)-95(0)-x-96(4)-171(252)

・受けループ対策

・とんぼ返りは対面操作、兼f:id:PokeCenIncho:20210101221140j:plainf:id:PokeCenIncho:20210101221158j:plainに打つダイワーム媒体

 

f:id:PokeCenIncho:20210101213625p:plain

ウォッシュロトムとつげきチョッキ(選出率4位)

特性:ふゆう 性格:ひかえめ

技構成:10まんボルトボルトチェンジハイドロポンプあくのはどう

157(252)-x-127(0)-161(172)-128(4)-116(80)

・こいつの努力値振りをしっかり考えたら拾えた対戦が何個かあったと思う、、、、

 

f:id:PokeCenIncho:20210101213655p:plain

テッカグヤ@メテオビーム(選出率5位)

特性:ビースティングブースティング 性格:ひかえめ

173(4)-x-124(4)-174(252)-122(4)-112(244)

技構成:エアスラッシュ、メテオビーム、てっていこうせん、かえんほうしゃ

・どうしてもエースをサイクルに組み込む選出をしたいときに選出

【終わってみて】

もう少し早めに構築を考えて、煮詰めていたら結果も違ったかなと思ったりもしましたが、

そこも踏まえて実力だと思うので、また頑張ります。

【最後に】

ここまで読んでいただき、ありがとうございます。

少しでも誰かのためになれば幸いです。

来シーズンも頑張ります。