【ポケモン剣盾S35使用構築】ガブザシFinal⭐︎(最終178位,ムゲンダイカップ予選30位)

f:id:PokeCenIncho:20221102075752j:image

こんにちは、院長です。

剣盾ラストシーズンなので思い出に記事を書こうと思います。

 

【コンセプト】

ガブリアスは1番上

ステルスロック+特化ザシアンの火力の押し付け

麻痺バグによる負けを極力減らす

初手性能の高いポケモンの多数採用で出し負けを無くし、機械的な動きを通す

 

【構築経緯】

採用順 

1.ラストシーズンということで、好きなポケモンを使いたいと思いを1番上に置くところからスタート。

2.ステルスロックと合わせることで非常に強いと感じていたA特化も採用し対面構築を組んで行くことにした。

3.上記2体で厳しい黒バド、ネクロズマランドロスに強く、制圧力の高い駒が数匹必要だと感じた。

まず上記3体に明確に強く、ガブを初手に投げにくい構築に対して初手出しができる身代わり持ち珠を採用。

更にステロを撒いたあとに一貫を作った時の抜き性能やスイープが強い準速スカーフを採用。

4.ここまででジガルデが見えている初手ダイマ構築に安定する初手がいないこと、マーシャドーがまだキツい、イベル×ネクロやホウオウ×ナットのサイクルに選出が窮屈であることからラム電磁波と身代わり残飯を採用して構築が完成。

 

【個体解説】

 

ガブリアスきあいのタスキ(さめはだ・ようき)

183(0)-182(252)-116(4)-×( )-105(0)-169(252)

じしん/がんせきふうじ/みがわり/ステルスロック

ぽけっとふぁんくしょん!

ポケモン

初手のステロ要因として採用。

イベルの初手ダイマが一定数いるこの環境ではS102からの岩石封じが本当に偉い。

身代わり採用により初手ダイアイスを打ってくる低速ポケモン(主にディアルガ)の初手ダイマを一方的に枯らす動きが本当に強かった。

ナットレイの宿木やカバルドンの欠伸ループを回避できるのも偉い。

 

 

ザシアン@くちたけん(ふとうのけん・いじっぱり)

187(156)-244(252)-136(4)-×( )-136(4)-92(180)

きょじゅうざん/ワイルドボルトせいなるつるぎでんこうせっか

ぽけっとふぁんくしょん!

8世代で相当お世話になったビジネスパートナー枠。

ばっどさんのレンタル使った時に使用感が良かったため努力値振りはパクった。

インファではない理由だが、格闘技を打ちたいナットレイはHDor鉄壁型しかいないかつ大体削れた状態で対面する、ディアルガはガブの身代わりを絡めて霰ダメージをスリップさせれば聖なる剣で落とせるため。

 

 

イベルタル@いのちのたま(ダークオーラ・おくびょう)

207(44)-135(0)-143(220)-153(12)-119(4)-162(228)

あくのはどうデスウイング/ねっぷう/みがわり

ぽけっとふぁんくしょん!

見た目が禁止伝説で一番好き。

ほぼふゆのさんのパクリ。

ジガルデにも初手に出したい場面が多かったので参考元よりもSを伸ばした。

 

 

バドレックス黒@こだわりスカーフ(じんばいったい・ひかえめ)

175(0)-94(0)-108(60)-231(196)-120(0)-202(252)

アストラルビット/はかいこうせん/ドレインキッス/トリック

ぽけっとふぁんくしょん!

和解ポケモン

"ステロ+特化ザシアンが多くて耐久調整が崩れやすいこと"、"ステルスロック+準速スカーフバドで相手のバドに対して引き先を用意しなくてよくなること"から準速にした。

トリックの枠は怖い顔も候補に入るが、怖い顔にすると崩しが足りないと感じる場面が多かったのでトリックで使用した。(イベネクロランドみたいなのはトリックで崩す)

仲が悪かったがこのルールでやっと和解したポケモン

 

 

カイオーガ@ラムのみ(あめふらし・ずぶとい)

207(252)-×(0)-143(156)-170(0)-160(0)-120(92)

なみのり/かみなり/こごえるかぜ/でんじは

ぽけっとふぁんくしょん!

和解ポケモン

実はカイオーガは今までちゃんと使ってこなかったポケモン。相手のジガルデと初手ダイマ両方に強いポケモンを探していたところ辿り着いた。

マーシャドー入りに対してガブリアスがステロを撒けなそうな対戦(初手対カイオーガイベルタル)にマーシャドーにあと投げして頑張れるのも偉かった。

選出圧力が強いため、いるだけで相手の裏を読みやすくなるのも偉いポケモン

 

 

ゼクロム@たべのこし(テラボルテージ・いじっぱり)

177(12)-222(252)-141(4)-×(0)-127(52)-134(188)

らいげき/スケイルショット/みがわり/りゅうのまい

ぽけっとふぁんくしょん!

和解ポケモン

オーガと一緒に選出して全て破壊するポケモン

非常に選出画面での圧力が強く、初手に相手がカイオーガを出してきた場合、必ず裏にランドロス等の引き先がいるのが読めるのでこちらのポケモンを通すプランを立てやすい。

よく界隈を騒がせていたポケモンだったが、"身代わりを入れてカイオーガの電磁波と組み合わせる"、"ランドロスをみたら投げない"を徹底することで安定した強さを発揮できるポケモンだった。

 

【選出】

基本選出は下記の4パターン。だが初手性能が高いポケモンが多いので割と選出の自由度は高く、基本選出以外の選出も可能。出し負けないことを第一に考えて選出をしていた。

1.ガブザシイベル
2.ガブザシバド
3.オーガゼクロムザシ
4.イベザシバド

 

 

【キツめなポケモン

・不意打ち持ちイベルタル

ステロ→バド展開後の不意打ち持ちイベルはキツい(ケアできない)が、相手もこちらのザシアンがチラつく+ステロによりイベルを下げるのを躊躇うのを踏まえて願望ダイアタックを打っていた(アホ)

実際あまり不意打ちは打たれなかった。

・初手のでんじは持ちHBオーガ

ガブの岩石封じ+バドのアストラルビットorザシアンのワイルドボルト(ソクノまで考慮)で落ちないため、岩石封じ+地震+アストラルビットで倒さないといけない。

更に相手のパーティにマーシャドーが見えていると@2バドザシの選出ができない。

ただし、初手カイオーガゼクロムに対する引き先が裏にいることが読めるので相手の裏の選出は読みやすい。

【結果】

TNシールド178位

f:id:PokeCenIncho:20221102083135j:image

 

ガーダシルさんも同じ構築で2ロム3桁乗せてくれました。