【ポケモン剣盾S9使用構築】「ここ読み合いにしたくないよ!」堅実プレイを心掛けたエースバーン軸(最終494位、最終日最高416位)

初めまして、ポケセン院長と申します。

Twitter:https://mobile.twitter.com/pokecenincho

ポケモンが好きで、ほかのポケ勢さんともっと関わりを深めたいという思いから

今年の6月頃からYouTubeにて配信(生放送多め)を始めました。

 

下記の理由から構築記事を書いてみたいと思いましたので挑戦してみます。

ポケモン剣盾S9にて自己最高順位を更新した(780位→494位)

・同じルールでの環境は今後ない(?)ため、思い出/記念として残したい

・次のシーズンでも使用可能なポケモン、並びも少し含まれている

・単純に書いてみたかった

 

【構築コンセプト】

以前はヤンキープレイを通して無理矢理エースで抜いていくみたいなプレイングばかりしていましたが、かなり下の順位の人に負けて大きく順位を下げてしまうことが多々ありました。

なので前シーズン(S8)からは堅実にプレイしてみようと思い、今シーズン(S9)も同じような考えで臨みました。

当たり前のことかもしれませんが、しっかり構築を練り、勝ち筋が太そうな選出をして、極力安定行動で詰めてエースを通すという思考でバトルしていました。

例えば

1.見せ合い時点でこちらが有利なサイクルで選出可能な場合、サイクルを回して裏を把握→有利対面を取る→エース全抜き

2.サイクル選出はなんとも言えない場合、行動保証を持たせたポケモンで状態異常やS操作を行なってからエース全抜き

性能の尖ったポケモンを使うと不測の事態に陥った時に腐ってしまうので、補完のポケモンにはサイクル性能と起点作成能力を兼ね備えたポケモンや、対面性能とサイクル性能を兼ね備えたポケモンなど、「柔軟に動ける、かつ仕事はしっかり行える」ポケモンを出来るだけ採用しました。

それでも択になる時はなります笑

 

【構築経緯】

f:id:PokeCenIncho:20200831230155p:plain

1:始めにエースポケモンとしてエースバーンを採用
 構築の軸となる現環境最強ポケモン。こいつを使わない手はない。ポテンシャルを最大限に引き出せる命の珠で採用。

2:相手のエースバーンの切り替えしとしてカバルドンを採用

 現環境最強ポケモンに対して後投げ可能、かつエース全抜きの補助ができる

3:エースバーンの障壁となるカバルドンに強いアシレーヌの採用

 エースバーンを通すにあたり障壁となるカバルドンに対して有利。

 身代わり採用で、エースバーンが嫌う状態異常撒きにも強い。

4:アシレーヌとの補完枠兼エース補助ができるストリンダーの採用

 ある程度サイクル選出もできるようにアシレーヌとの補完が優秀なストリンダーを採用。

 耐久ポケモンの崩しや麻痺撒きによる後続のサポートもできる万能ポケモン

5:エースバーンがどうしても通せない時の裏エースとしてドラパルトの採用

 カバルドン、ギャラ、ウインディなどが並んでるときに通せる裏エースとして

 ラムクリアボディ龍舞型で採用。

 エースバーン受けに刺さるダイビング持ち。

6:ここまでで重いポケモンに勝てるタスキ枠としてゴリランダー採用

 タスキ+先制技で対面性能が高いポケモンが1匹は欲しく、

 相手のS操作も可能でここまでで重めなミトム、ジバコを見れる枠

 

【個別紹介】

f:id:PokeCenIncho:20200831225335p:plain

エースバーン@命の珠(選出率2位)

特性:リベロ 性格:意地っ張り

技構成:火炎ボール、跳び膝蹴り、飛び跳ねる、思念の頭突き

155(0)-184(252)-95(0)-x-96(4)-171(252)

文句なしの現環境最強ポケモン

思念の頭突きを採用してるので、水フェアリー組アシレーヌマリルリ)との

ダイマックスでの殴り合いに勝てたり、

サイコフィールドを貼っておくことで

裏から出てきたポケモンの先制技を防いだり、

裏から出てきたオーロンゲの電磁波を防いだりと活きる場面がとても多かった。

ストリンダーの麻痺、カバルドンの欠伸、ゴリランダーのS操作から繋ぐ想定なので、Aに補正をかけた。

終盤の飛び跳ねるが異常なほど麻痺を引き、TNをエゴサしたら運勝ちだけの障害児とか、顔キモい4ねとか書かれてた。ぴえん。

=============================================

f:id:PokeCenIncho:20200831225255p:plain

カバルドン@アッキの実(選出率6位)

特性:すなおこし 性格:わんぱく

技構成:地震、欠伸、ステルスロック、ふきとばし

215(252)-132(0)-172(148)-x-106(108)-67(0)

こいつがいないとエースバーン、パッチラゴンが不安で夜も眠れないし、仕事にも行けない。

ただ、選出率は最下位。

今シーズンはカバルドンに厚い構築が多かった印象。

ただ選出誘導能力はあるので、見せポケとして機能はしたと思う。

特化ミトムのドロポン耐えまでDを振ったが、活きた場面はない、、、、

会社にカバルドンに似てる顔の女の子がいるのは秘密。

 =============================================

f:id:PokeCenIncho:20200831225403p:plain

アシレーヌ@食べ残し(選出率1位)

特性:激流 性格:図太い

技構成:熱湯、ムーンフォース、身代わり、瞑想

177(172)-x-138(252)-150(28)-140(28)-84(28)

本構築のMVP。なんでも屋さん。

構築記事を漁って見つけたやつ。

初めは強いのかな?と思ったけど、使ってみるとマジで強かった。

環境トップ(エスバ、ポリ2、ドラパ、ウーラオス等)軒並みに強く、

耐性を活かしたサイクルもでき、クッションにもなり、

身代わり、瞑想、熱湯やけどでの詰ませ性能もあり、大活躍。

エスバのダストシュートは全部避けてくれたw)

B方面:食べ残し回復込みでウーラオスのかみなりパンチを陽気なら確定3、意地でも有利な確率で2耐え

D方面:1瞑想で無振りポリ2の放電が最高乱数を切って身代わりが残る

S方面:60族はイタチごっこなので正解がわからず、とりあえず+4にしてみた

C方面:あまり

 =============================================

f:id:PokeCenIncho:20200831225513p:plain

ストリンダー@とつげきチョッキ(選出率3位)

特性:パンクロック 性格:ひかえめ 

技構成:ほっぺすりすり、ボルトチェンジ、アシッドボム、爆音波

179(228)-x-101(84)-149(12)-102(92)-107(92)

下記の通りめっちゃ優秀。

アシレーヌが不利を取る(キッス、ジバコ等)に対して大体は繰り出せる。

・ほぼ全てのトゲキッスを後出しから処理できる

・ほっぺすりすりで後続のサポート可能

・アシッドボムでポリゴン2や特殊受けを簡単に突破可能(ハピナスを突破したときは感動した)

・ボルチェンがあるので、対面操作ができ、相手を倒して死に出しから起点にされないように立ちまわれる

ほっぺをすりすりして騒いでるだけが仕事なんて羨ましい限りである。

B方面:特化鉢巻ドラパルトのドラゴンアローを有利な乱数で耐えるライン

D方面:DL調整(Bより高くなるように)

S方面:麻痺状態の最速ドラパ抜き

C方面:あまり

=============================================

 

f:id:PokeCenIncho:20200831225556p:plain

ドラパルト@ラムの実(選出率5位)

特性:クリアボディ 性格:意地っ張り

技構成:ドラゴンアロー、ゴーストダイブ、ダイビング、龍の舞

187(188)-189(252)-96(4)-x-97(12)-169(52)

前シーズン1位の方が使用していたものをほぼパクった。

龍舞前提なのでSはリザ抜きでA特化、残りは耐久へ。

エースバーンが通しにくいカバルドンギャラドスウインディ等といった能力ダウンや鬼火で物理を見るパーティに対して刺さる。

特殊ドラパっぽい動きをして、特殊受けに引いてくる読み(願望)龍舞は結構決まった。

 =============================================

f:id:PokeCenIncho:20200831225627p:plain

ゴリランダー@きあいのたすき(選出率4位)

特性:グラスメイカー 性格:陽気

技構成:ドラムアタック、グラススライダー、10万馬力、とんぼ返り

175(0)-177(252)-111(4)-x-93(4)-150(252)

ナットレイを使っていた時期もあったが、

・エースバーン引かれる択が多すぎて安定しなかった

・ミトム、ジバコが重かった

・タスキを盾に行動保障があり、最低限の仕事ができるポケモンがいると安心

上記の理由から採用。

最速ギャラキッスのダイジェットをドラムアタックで±0にできるように最速。

有利対面取ったらトンボ返りでエースバーンに繋ぎ、そのまま全抜きする動きも強かった。

 

【選出パターン】

基本選出は決めてないがエースバーンかドラパルトで全抜き、またはアシレーヌで詰めるために、どんな対面、展開を作るべきか考えて選出していた。

基本的には状態異常、S操作からのエース降臨のパターンとサイクルからエースバーンの有利対面を作って全抜きのパターンが多かった。

 

思考例1「ゴリランダーとミトム対面を作れば、ナットレイに交換読みとんぼ返りでエースバーンとナットレイを対面させてダイナックルすれば全抜きできそうだなあ」

思考例2「ストリンダーでジバコを削ってアシレーヌの熱湯圏内に入れれば大体アシレーヌで詰めれそう」

思考例3「アシレーヌとストリンダーのサイクルなら簡単に崩されなそう。隙を見てストリンダーのボルチェンからアシレーヌで積む、もしくはエースバーンを通していこう」

 

下記は多かった選出

サイクル選出(アシレーヌとストリンダーで大体のポケモンを見れそうならこれ)

アシレーヌ+ストリンダー+エースバーン

 

対面選出(ゴリラで1体持ってく、または相手のSを落としながら死に出しでエースバーンを通す。)

ゴリランダー+エースバーン+(アシレーヌorストリンダーorカバルドン

 

受けループ(初手が物理受けだった場合、特殊受け読みアシッドボムが大体通るので、ほぼ崩せてた)

ストリンダー+(アシレーヌドラパルトエースバーン)から2匹

 

【重いポケモン

ゴリランダー、ジバコイル

エースを通すには邪魔ではないが、こちらのサイクル要因に対して強いため、

こちらもゴリランダーからの対面選出や、初手からエースバーンを強要される。

 

ただし、こいつらが削れれば◯◯でいけるってパーティも多かったので、そういう思考で選出を練るとイメージ通りいって勝てたりする。

択は発生しやすくなるが、、、、

 

ギャラドス

地震持ちでなければストリンダーでいけるが、

流石に切れないため、ドラパで見るのが最安定。

特殊偽装すれば大体引いてくれる。

ただし裏にポリ2がいるとキツイ。

そうなるとドラパを対面させる→ポリ2に引く読みストリンダー交換を決めるしかなかった。

 

【終わってみて】

アシレーヌへの信頼がやばくて、ほぼほぼ出してました。

終わってみると選出の時の90秒で勝つためのパターンをイメージして選出出来ていたのが良かったと感じました。

2ロムでチキンレースしてたのですが、最終日16時頃にサブロムの順位が落ちてしまい、本ロムを負けて溶かすのが嫌だったので撤退しました。

割と自信のある構築ではあったので、もう少し潜りたかった気持ちもありますが、もっと強くなってまた挑戦します。

 

【最後に】

ここまで見てくださった方、本当にありがとうございます。

少しでも参考になっていただければ幸いです。

僕自身、ポケモンが大好きでこれからも続けていくので、よろしくお願いします。

また、少しでもポケ勢との関りを増やせたらなと思い、

配信もしているので、気軽に荒らしに来てください(^^)