8世代まとめ(順位、レート、並び)

完全自分用。

 



↑サムネ用画像

---------シーズン1----------
順位:19815位
レート:1716
並び:f:id:PokeCenIncho:20210711215117p:plainf:id:PokeCenIncho:20210711215146p:plainf:id:PokeCenIncho:20201201192513j:plainf:id:PokeCenIncho:20210711215230p:plainf:id:PokeCenIncho:20210711215340p:plainf:id:PokeCenIncho:20210601233442p:plain

---------シーズン2----------
順位:3274位
レート:1844
並び:f:id:PokeCenIncho:20210601215306j:plainf:id:PokeCenIncho:20201101095402j:plainf:id:PokeCenIncho:20210711215340p:plainf:id:PokeCenIncho:20210711215230p:plainf:id:PokeCenIncho:20210601233442p:plainf:id:PokeCenIncho:20210101220444j:plain
---------シーズン3----------
順位:3160位
レート:1825
並び:f:id:PokeCenIncho:20210601215306j:plainf:id:PokeCenIncho:20210711215510p:plainf:id:PokeCenIncho:20210711215340p:plainf:id:PokeCenIncho:20210711215230p:plainf:id:PokeCenIncho:20210601233442p:plainf:id:PokeCenIncho:20210101220444j:plain

---------シーズン4----------
順位:780位
レート:1951
並び:f:id:PokeCenIncho:20210601215306j:plainf:id:PokeCenIncho:20210711215510p:plainf:id:PokeCenIncho:20210711215340p:plainf:id:PokeCenIncho:20210711215230p:plainf:id:PokeCenIncho:20210601233442p:plainf:id:PokeCenIncho:20210101220444j:plain

---------シーズン5----------
順位:6230位
レート:1732
並び:f:id:PokeCenIncho:20210601215306j:plainf:id:PokeCenIncho:20210711215510p:plainf:id:PokeCenIncho:20210711215340p:plainf:id:PokeCenIncho:20210711215230p:plainf:id:PokeCenIncho:20210601233442p:plainf:id:PokeCenIncho:20210101220444j:plain
---------シーズン6----------
順位:1240位
レート:1914
並び:f:id:PokeCenIncho:20210711215230p:plainf:id:PokeCenIncho:20210601233442p:plainf:id:PokeCenIncho:20210601215306j:plainf:id:PokeCenIncho:20201201192439j:plainf:id:PokeCenIncho:20201031225425j:plainf:id:PokeCenIncho:20210711215835p:plain

---------シーズン7----------
順位:983位
レート:1888
並び:f:id:PokeCenIncho:20201201192233j:plainf:id:PokeCenIncho:20210601215306j:plainf:id:PokeCenIncho:20201201192357j:plainf:id:PokeCenIncho:20201031225425j:plainf:id:PokeCenIncho:20210711215835p:plainf:id:PokeCenIncho:20210101220444j:plain


---------シーズン8----------
順位:1478位
レート:1884
並び:f:id:PokeCenIncho:20201201194105j:plainf:id:PokeCenIncho:20201201192439j:plainf:id:PokeCenIncho:20210711220304p:plainf:id:PokeCenIncho:20201201192357j:plainf:id:PokeCenIncho:20210711220340p:plainf:id:PokeCenIncho:20210101220353p:plain

---------シーズン9----------
順位:494位
レート:1955
並び:f:id:PokeCenIncho:20201201192357j:plainf:id:PokeCenIncho:20201201192233j:plainf:id:PokeCenIncho:20201201194105j:plainf:id:PokeCenIncho:20210601233442p:plainf:id:PokeCenIncho:20201031225425j:plainf:id:PokeCenIncho:20210711224255p:plain

---------シーズン10----------
順位:261位
レート:2007
並び:f:id:PokeCenIncho:20201001183116p:plainf:id:PokeCenIncho:20201001183141p:plainf:id:PokeCenIncho:20201001183209p:plainf:id:PokeCenIncho:20201001183216p:plainf:id:PokeCenIncho:20201001183225p:plainf:id:PokeCenIncho:20201001183156p:plain

記事:【ポケモン剣盾S10使用構築】《しまじろうパ》とりっぴいの初手ダイマックス構築(最終261位、最終日最高226位、レート2007)

---------シーズン11----------
順位:39位
レート:2043
並び:f:id:PokeCenIncho:20201001183116p:plainf:id:PokeCenIncho:20201001183141p:plainf:id:PokeCenIncho:20201001183209p:plainf:id:PokeCenIncho:20201001185014p:plainf:id:PokeCenIncho:20201001183225p:plainf:id:PokeCenIncho:20201001183156p:plain

記事:【ポケモン剣盾S11使用構築】奮い立った噴火龍(最終39位、レート2000達成)

---------シーズン12----------
順位:337位
レート:2009
並び:f:id:PokeCenIncho:20201201192207j:plainf:id:PokeCenIncho:20201201192302j:plainf:id:PokeCenIncho:20201201192357j:plainf:id:PokeCenIncho:20201201192049j:plainf:id:PokeCenIncho:20201031230136j:plainf:id:PokeCenIncho:20201201192513j:plain

---------シーズン13----------
順位:380位
レート:1964
並び:f:id:PokeCenIncho:20210101215724j:plainf:id:PokeCenIncho:20210101220129j:plainf:id:PokeCenIncho:20210101220158j:plainf:id:PokeCenIncho:20201201194105j:plainf:id:PokeCenIncho:20210101220353p:plainf:id:PokeCenIncho:20201201192357j:plain 

---------シーズン14----------
順位:781位
レート:1904
並び:f:id:PokeCenIncho:20210201203316j:plainf:id:PokeCenIncho:20210101220734j:plainf:id:PokeCenIncho:20201201192207j:plainf:id:PokeCenIncho:20201201192546j:plainf:id:PokeCenIncho:20201031230136j:plainf:id:PokeCenIncho:20210202141141j:plain 

---------シーズン15----------
順位:410位
レート:1952
並び:f:id:PokeCenIncho:20210401161345j:plainf:id:PokeCenIncho:20210711233952p:plainf:id:PokeCenIncho:20210711215340p:plainf:id:PokeCenIncho:20210401161321j:plainf:id:PokeCenIncho:20201201192439j:plainf:id:PokeCenIncho:20201201192207j:plain
---------シーズン16----------
順位:116位
レート:2019
並び:f:id:PokeCenIncho:20210401161308j:plainf:id:PokeCenIncho:20210401161321j:plainf:id:PokeCenIncho:20201201192207j:plainf:id:PokeCenIncho:20201201192546j:plainf:id:PokeCenIncho:20210401161947j:plainf:id:PokeCenIncho:20210101221238j:plain

記事:【ポケモン剣盾S16使用構築】天下無双ガブザシサンダーwithチョッキノラゴン(最終116位、最終レート2019)

---------シーズン17----------
順位:76位
レート:2017
並び:f:id:PokeCenIncho:20210401161308j:plainf:id:PokeCenIncho:20210401161321j:plainf:id:PokeCenIncho:20201201192207j:plainf:id:PokeCenIncho:20210401161947j:plainf:id:PokeCenIncho:20210101220353p:plainf:id:PokeCenIncho:20210101220734j:plain

記事:【ポケモン剣盾S17使用構築】天下無双ガブザシサンダー・改(最終76位、最終レート2017)

---------シーズン18----------
順位:130位
レート:2010
並び:f:id:PokeCenIncho:20210401161321j:plainf:id:PokeCenIncho:20201201192207j:plainf:id:PokeCenIncho:20201201192049j:plainf:id:PokeCenIncho:20210101220734j:plainf:id:PokeCenIncho:20210601214916p:plainf:id:PokeCenIncho:20210601215144g:plain

記事:【ポケモン剣盾S18使用構築】苦手ルールを対戦数でカバーした男のポリ2軸サイクル(最終130位、最終レート2010)

---------シーズン19----------
順位:293位
レート:1910
並び:f:id:PokeCenIncho:20201201192207j:plainf:id:PokeCenIncho:20210601220136p:plainf:id:PokeCenIncho:20201031230136j:plainf:id:PokeCenIncho:20201201192233j:plainf:id:PokeCenIncho:20210101220734j:plainf:id:PokeCenIncho:20210601215144g:plain

---------シーズン20----------
順位:199位
レート:1931
並び:f:id:PokeCenIncho:20210101220734j:plainf:id:PokeCenIncho:20201201192049j:plainf:id:PokeCenIncho:20210601215144g:plainf:id:PokeCenIncho:20210601220115p:plainf:id:PokeCenIncho:20210801131445p:plainf:id:PokeCenIncho:20201201192207j:plain 

---------シーズン21----------

順位:506

レート:1965

並び:f:id:PokeCenIncho:20211110214248p:plainf:id:PokeCenIncho:20211110214327p:plainf:id:PokeCenIncho:20201201192439j:plainf:id:PokeCenIncho:20201031230136j:plainf:id:PokeCenIncho:20210601215306j:plainf:id:PokeCenIncho:20210101220734j:plain

---------シーズン22----------

順位:204

レート:2011

並び:f:id:PokeCenIncho:20211110214248p:plainf:id:PokeCenIncho:20211110214443p:plainf:id:PokeCenIncho:20210401202144j:plainf:id:PokeCenIncho:20210711233952p:plainf:id:PokeCenIncho:20210101220734j:plainf:id:PokeCenIncho:20211110214546p:plain

---------シーズン23----------

順位:23

レート:2078

並び:f:id:PokeCenIncho:20211110214959g:plainf:id:PokeCenIncho:20201201192207j:plainf:id:PokeCenIncho:20210711233952p:plainf:id:PokeCenIncho:20211110214807p:plainf:id:PokeCenIncho:20211110214859p:plainf:id:PokeCenIncho:20210401202144j:plain

記事:【ポケモン剣盾S23使用構築】鉢巻ザシアンDream!(最終23位、レート2078)

---------シーズン24----------
順位:192位
レート:1921
並び:f:id:PokeCenIncho:20210401161308j:plainf:id:PokeCenIncho:20210401161321j:plainf:id:PokeCenIncho:20201201192207j:plainf:id:PokeCenIncho:20210401161947j:plainf:id:PokeCenIncho:20210101220353p:plainf:id:PokeCenIncho:20210101220734j:plain

---------シーズン25----------
順位:440位
レート:1876
並び:f:id:PokeCenIncho:20210401161345j:plainf:id:PokeCenIncho:20220401190002p:plainf:id:PokeCenIncho:20201001185014p:plainf:id:PokeCenIncho:20220401231830p:plainf:id:PokeCenIncho:20210401202144j:plainf:id:PokeCenIncho:20220401232357p:plain

---------シーズン26----------
順位:349位
レート:1901
並び:f:id:PokeCenIncho:20210401161345j:plainf:id:PokeCenIncho:20201201194105j:plainf:id:PokeCenIncho:20201031230452j:plainf:id:PokeCenIncho:20201031230013j:plainf:id:PokeCenIncho:20220401232815p:plainf:id:PokeCenIncho:20210401202144j:plain

---------シーズン27----------
順位:123位
レート:2004
並び:f:id:PokeCenIncho:20210401161345j:plainf:id:PokeCenIncho:20210401161911j:plainf:id:PokeCenIncho:20201201192439j:plainf:id:PokeCenIncho:20210711215340p:plainf:id:PokeCenIncho:20201201192513j:plainf:id:PokeCenIncho:20201201192207j:plain

---------シーズン28----------
順位:134位
レート:2001

並び:f:id:PokeCenIncho:20211110214959g:plainf:id:PokeCenIncho:20220401183635p:plainf:id:PokeCenIncho:20201201192207j:plainf:id:PokeCenIncho:20210101220444j:plainf:id:PokeCenIncho:20220401184203p:plainf:id:PokeCenIncho:20201201192546j:plain

記事:【ポケモン剣盾S28使用構築】ザシサンダージガッキュ(最終134位、レート2001) - 二日酔いポケモンバトル

---------シーズン29----------
順位:69位
レート:2004

並び:f:id:PokeCenIncho:20211110214959g:plainf:id:PokeCenIncho:20220401183635p:plainf:id:PokeCenIncho:20201201192207j:plainf:id:PokeCenIncho:20210101220444j:plainf:id:PokeCenIncho:20210101220734j:plainf:id:PokeCenIncho:20201201192546j:plain

記事:【ポケモン剣盾S29使用構築】粉ミミ商標登録(最終69位、レート2004) - 二日酔いポケモンバトル

---------シーズン30----------
順位:57位
レート:2011

並び:(f:id:PokeCenIncho:20201201192207j:plainf:id:PokeCenIncho:20210101220444j:plainf:id:PokeCenIncho:20220401184203p:plain)&(f:id:PokeCenIncho:20211110214959g:plainf:id:PokeCenIncho:20220401183635p:plainf:id:PokeCenIncho:20201201192207j:plainf:id:PokeCenIncho:20210101220444j:plainf:id:PokeCenIncho:20210101220734j:plainf:id:PokeCenIncho:20201201192546j:plain

---------シーズン31---------
順位:137位
レート:1938

並び:

---------シーズン32---------
順位:327位
レート:1880

並び:

---------シーズン33---------
順位:437位
レート:1853

並び:

---------シーズン34---------
順位:225位
レート:1897

並び:

---------シーズン35---------
順位:178位
レート:1905

並び:

記事:【ポケモン剣盾S35使用構築】ガブザシFinal⭐︎(最終178位,ムゲンダイカップ予選30位) - 二日酔いポケモンバトル

 

2000乗ったポケモンたち

f:id:PokeCenIncho:20201001183116p:plainf:id:PokeCenIncho:20201001183141p:plainf:id:PokeCenIncho:20201001183209p:plainf:id:PokeCenIncho:20201001183216p:plainf:id:PokeCenIncho:20201001183225p:plainf:id:PokeCenIncho:20201001183156p:plainf:id:PokeCenIncho:20201001185014p:plainf:id:PokeCenIncho:20201201192207j:plainf:id:PokeCenIncho:20201201192302j:plainf:id:PokeCenIncho:20201201192357j:plain

f:id:PokeCenIncho:20201201192049j:plainf:id:PokeCenIncho:20201201192513j:plainf:id:PokeCenIncho:20210401161308j:plainf:id:PokeCenIncho:20210401161321j:plainf:id:PokeCenIncho:20201201192546j:plainf:id:PokeCenIncho:20210401161947j:plainf:id:PokeCenIncho:20210101221238j:plainf:id:PokeCenIncho:20210101220353p:plainf:id:PokeCenIncho:20210101220734j:plain

f:id:PokeCenIncho:20210601214916p:plainf:id:PokeCenIncho:20210601215144g:plainf:id:PokeCenIncho:20211110214248p:plainf:id:PokeCenIncho:20211110214443p:plainf:id:PokeCenIncho:20210401202144j:plainf:id:PokeCenIncho:20211110214546p:plainf:id:PokeCenIncho:20210711233952p:plainf:id:PokeCenIncho:20211110214807p:plainf:id:PokeCenIncho:20211110214859p:plain

f:id:PokeCenIncho:20210401161345j:plainf:id:PokeCenIncho:20210711215340p:plainf:id:PokeCenIncho:20201201192439j:plainf:id:PokeCenIncho:20220401183635p:plainf:id:PokeCenIncho:20220401184203p:plainf:id:PokeCenIncho:20210101220444j:plain

 

【メモ帳コピペ用】

シーズン 最終順位 最終レート
シーズン1 19815位 1716
シーズン2 3274位 1844
シーズン4 780位 1951
シーズン5 6320位 1732
シーズン6 1240位 1914
シーズン7 983位 1888
シーズン8 1478位 1884
シーズン9 494位 1955
シーズン10 261位 2007
シーズン11 39位 2043
シーズン12 337位 2009
シーズン13 380位 1964
シーズン14 781位 1904
シーズン15 410位 1952
シーズン16 116位 2019
シーズン17 76位 2017
シーズン18 130位 2010
シーズン19 293位 1910
シーズン20 199位 1931
シーズン21 506位 1965
シーズン22 204位 2011
シーズン23 23位 2078
シーズン24 192位 1921
シーズン25 440位 1876
シーズン26 349位 1901
シーズン27 123位 2004
シーズン28 134位 2001
シーズン29 69位 2004
シーズン30 57位 2011
シーズン31 137位 1938
シーズン32 327位 1880
シーズン33 437位 1853
シーズン34 225位 1897
シーズン35 178位 1905

剣盾総括&今後について

こんにちは、院長です。

3年間全力で遊んだ剣盾の振り返りをしながら色々書いてみました。(使用したポケモンや各シーズンの結果はこちらの記事に纏めてあります)

空き時間等に見ていただけると嬉しいです。

 

【戦績】

ランクバトル

・レート2000↑×12

・最終2桁×5

・最終順位23位(シーズン23)

非公式大会

・第74回葉桜杯優勝

・第5回葉桜感謝祭ベスト8

・ムゲンダイカップFinal30位

 

【8世代以前】

ポケモン自体は小さい頃からやっていました。

一応全作プレイ済み。中でも好きなのは金銀とHGSSは図鑑コンプや友達との通信対戦をよくやってました。

ガチ対戦に興味を持ち始めたのは7世代で、僕自身は対戦こそしていないものの、ポケモン対戦実況動画を見るのは本当に好きで毎日YouTubeにアップされるレートバトルの動画を見てました。

 

【8世代】

7世代まで全作プレイしているので、同じく剣盾もストーリーをやりたいなと思って購入しました。

 

・シーズン1〜シーズン5(エンジョイ勢期間)

8世代になり、育成が楽になったのをきっかけに遊び感覚程度でランクマに潜るようになりました。

そんな感じで初めは順位とか気にせず空いた時間に暇つぶしで戦ってる程度でしたが、コロナが本格的に流行り出し、友人と遊んだり飲んだりする時間が減り次第にポケモン対戦へ割く時間と熱量が上がってきました。

この頃の私のプレイスタイルは初手から鉢巻ヒヒダルマでギャンブルをし気持ちよくなってるだけというとんでもないものでした笑

けどこんな時期があったからこそ、今でもいざという時に読み勝つみたいなのができているのかもしれない。

 

・シーズン6〜シーズン9(本気でレート2000を目指し始めた)

この頃からランクマで勝ちたい気持ちが強くなり、レート2000を取ることに固執してランクマに潜るようになりました。

これまでのプレイスタイルは交換読みをバンバン決めて通れば勝ち、通らなければ負けみたいな感じでした。

しかしそれでは格下への取りこぼしが多く、安定してレートを伸ばさないと考えたため、構築を組む段階から安定行動を増やすことを意識し、読みが必要な場面を減らしました。(鉢巻ヒヒダルマは解雇)

 

・シーズン10,シーズン11(レート2000達成、最終2桁達成)

シーズン10でようやくレート2000に乗ることができました。

シーズン11でまさかの最終2桁(しかも前半)を達成しました。

自分でもビックリな順位に大満足でした。

また、この時はコロナも一旦落ち着いており、リアルも充実してた記憶があります。

 

・シーズン12~シーズン14(初めての挫折)

冠の雪原で解禁されたポケモンが参入してきました。

シーズン12はインフレの波に乗ってなんとかレート2000取ったものの何か違う感がありました。

シーズン13、シーズン14は何をやっても上手くいかない状態でした。

潜っていて負けた後に知らない人から対ありDM等も来るようになり、追う立場から追われる立場へと変わってきたと感じた時期でもありました。

正直ポケモンをやってるのが辛かったです。けど弱音を吐くのは嫌いなので平気な素振りをしつつ、内心はしんどい時期でした。

※こういう状態になったら本当に休憩した方が良いです。

 

・シーズン15~シーズン17(またポケモンが楽しくなった竜王戦

まさかの竜王戦ルールとなり、冠ルールと大きく環境が変わりました。

シーズン15は結果こそ出なかったものの好きなポケモンであるガブリアスイベルタルを使ってなんだかんだ楽しく対戦できてました。

シーズン16では今後長い付き合いになるザシアンを使い久しぶりにレート2000を達成し、シーズン17では最終2桁を取ることができました。

この3か月はずっとガブリアスを先頭に配置して対戦していたのですが、嫁ポケと戦うのは本当に楽しいなと思いました。

 

・シーズン18~シーズン20(苦手な冠ルールの克服)

竜王戦が終わり、再び冠ルールとなりました。

前回の冠ルールは非常に辛い思いをしたため、絶対にリベンジをしてやろうと思い、シーズン18は序盤から様々なポケモンを試しました。

受け寄りのサイクル構築を使いレート2000を達成できたのですが、今までのシーズンとは比べ物にならない達成感がありました。

シーズン18で2000取れたことからか、シーズン19、シーズン20は結果こそ出なかったですが、ポケモンを楽しんでました。

 

・シーズン21〜シーズン23(窓立ち上げとプレッシャー)

良くも悪くも印象に残っているルールなので長いです。

シーズン20の最終日に窓を立ち上げており、シーズン21からは複数人で一緒にポケモンを考えるようになりました。当時は週5くらいで通話してたし窓が本当に盛り上がってました。

が、肝心のランクマですが、そのシーズンは僕は全く勝てませんでした。

今だから言うけど自分は勝てずに順位が上がらない中、次々と窓内のテキストチャンネルに「レート2000乗りました!」っていう報告が来るのが本当にしんどかったです。今でも思い出すのもつらい。そんなこんなでシーズン21は剣盾で一番つらいシーズンでした。

シーズン22ではあおにしさんが使用していたムゲンダイナをパクって見たところ使用感が良く、序盤から良い順位をキープできてました。でも最終盤は思ったより勝てず、最終日の深夜に7回目くらいの2000チャレでやっとの思いで2000に乗せましたが、窓内のメンバーはみんな最高順位を更新するなど更に上へ突き進んでいました。自分の成長は止まってる。回りに置いていかれてる。こんな感情しか残らなかったです。あの時は結果を出したこうきちくんに素直におめでとうも言えなかったのが本当に申し訳ない。2か月連続不本意な結果で終わって結構精神は限界来てました。

そんな思いもありシーズン23は今までにないくらいポケモンに注力しました。序盤から好調で終盤まで2桁をずっとキープしていました。最終日3日前に2ロム30位台の状況から人の構築にシフトするという思い切った行動をしたものの、最終23位という結果を出すことができました。

このルールの話をすると「院長結果良かったやん」ってよく言われるけど、思い出すのもつらいルールでした。

 

・シーズン24〜シーズン26(ゲームに対する考え方を改めた)

シーズン23で結果を出してしばらくはホッとしてましたが、次第にこんなに死ぬ思いしてポケモンやる意味あんの?って思ってきました。

ポケモン勝ったところで社会的価値はない。

・別にお金になる訳でもない。

・ゲームは娯楽なのに精神擦り減らしてるのアホやん。

こんな感じでポケモンで辛い思いしながらポケモンしてるのがバカらしくなってきました。

そのため、このシーズンからは結果に固執し過ぎず、楽しむことを第一にポケモンをすることに決めました。

最終日とかどうでも良いやってなって寝てた時もあるくらいでした。

3ヶ月で全く結果は出ませんでしたが、色んなポケモンを使い楽しくプレイしてました。

 

・シーズン27〜33(他のポケ勢との交流の増加、オフ会多数参戦)

そんな訳で2回目の竜王戦はのんびりポケモンしてた訳ですが、新ルール発表を聞いて何故か急にポチべが爆発しました。

ランクマは4/7レート2000達成と良い結果がたくさん出せました。

一方で勝てない時は本当に勝てませんでしたが、その時は無理して潜らず次のシーズン頑張ればよいと割り切ることができました。

また、この頃から飲み会や対戦オフによく行くようになりました。

ポケモンを通じて知り合った仲間と会って喋ったり遊んだり飲んだりするのは本当に楽しかったです。

 

 

・シーズン34,シーズン35(葉桜杯優勝&葉桜感謝祭出場)

GSルール後半は勝ちきれなかった訳ですが、ルール変更後の葉桜杯でいきなり優勝することができました。

また葉桜感謝祭ベスト8に入ることができ、ランクマ以外の部分で良い結果を出せた時期でした。

ランクマはあんまり勝てなかったのですが、ここにきてランクマ以外で剣盾で欲しかった実績を次々と達成することができました。

 

【今後(9世代)について】

本気でランクマで上位を目指していくのはこの8世代で終わりにしようと思います。

理由としてはゲームより優先したいことが増えたためです。

・コロナが落ち着いてきていることからリアルの友達との交流が増えた

・生活を充実させたい

こんな感じで8世代とは違った形にはなりますが今後ともポケモンを通じて皆さんと仲良くできたらなと思います。

 

【最後に】

最終23位、葉桜杯優勝、ムゲンダイカップ出場。自分が対戦を始めた頃はこんなところまで来れるなんて思ってもいませんでした。

Twitterやオフ会を通じてたくさん友人ができて幸せでした。

辛いことが非常に多かったですが、それ以上に楽しいことや幸せなことが多かったです。

これもここまで支えてきてくれた皆さんのおかげです。

3年間仲良くしていただき、本当にありがとうございました!

 

 

【Special Thanks】

・えげくん

ポケモン界で最初にできた友達でありリスペクトしているプレイヤー。気がついたらダブルのトッププレイヤーになってて本当に凄い。君がいなかったらここまで来れてない。ずっと仲良くし続けてくれててありがとう!

 

こうきちくん、ヨゾラさん、ジャックさん、ぺーくん、マルコさん

窓創設当時から今でも仲良くしてくれてありがとうございます!

 

うにくん、ラクダ、うえすとさん

今では関わりないけど君たちがいなかったら今の僕はありません!感謝してます!

 

せろさん、さーにゃさん、イシズマイ、ととろさん、波平さん

ポケモンの考察等は別界隈という感じではありましたが、個人的なオフで大変お世話になりました!今後とも飲み会やオフ会で仲良くしてください!

 

かっしーさん、ゴンさん、てらくん、ぽてちさん、シロワニさん、伏見影さん、れるさん、ぽぜっす

同じ窓内、かつオフでよく会うメンバーでした!

たくさん遊んだり飲んだり楽しかっです!

今後も仲良くしてください!

 

るーさん、ろーずさん

ポケモンについてたくさんのことを学ばせてくれました。

今後も仲良くしてください!

 

ガーダシルさん、カフェオレさん、ぴはるぴ、カオスさん、りあん

ポケモンのお話、ふざけた話、お悩みの打ち明け、色んなお話しが気軽にできる心強い存在でした!ありがとうございました!

 

グティさん、丹波さん、たかさん、がるさん

飲みスペ本当に楽しかったです!いつか飲みに遠征させて頂きます!

 

【ポケモン剣盾S35使用構築】ガブザシFinal⭐︎(最終178位,ムゲンダイカップ予選30位)

f:id:PokeCenIncho:20221102075752j:image

こんにちは、院長です。

剣盾ラストシーズンなので思い出に記事を書こうと思います。

 

【コンセプト】

ガブリアスは1番上

ステルスロック+特化ザシアンの火力の押し付け

麻痺バグによる負けを極力減らす

初手性能の高いポケモンの多数採用で出し負けを無くし、機械的な動きを通す

 

【構築経緯】

採用順 

1.ラストシーズンということで、好きなポケモンを使いたいと思いを1番上に置くところからスタート。

2.ステルスロックと合わせることで非常に強いと感じていたA特化も採用し対面構築を組んで行くことにした。

3.上記2体で厳しい黒バド、ネクロズマランドロスに強く、制圧力の高い駒が数匹必要だと感じた。

まず上記3体に明確に強く、ガブを初手に投げにくい構築に対して初手出しができる身代わり持ち珠を採用。

更にステロを撒いたあとに一貫を作った時の抜き性能やスイープが強い準速スカーフを採用。

4.ここまででジガルデが見えている初手ダイマ構築に安定する初手がいないこと、マーシャドーがまだキツい、イベル×ネクロやホウオウ×ナットのサイクルに選出が窮屈であることからラム電磁波と身代わり残飯を採用して構築が完成。

 

【個体解説】

 

ガブリアスきあいのタスキ(さめはだ・ようき)

183(0)-182(252)-116(4)-×( )-105(0)-169(252)

じしん/がんせきふうじ/みがわり/ステルスロック

ぽけっとふぁんくしょん!

ポケモン

初手のステロ要因として採用。

イベルの初手ダイマが一定数いるこの環境ではS102からの岩石封じが本当に偉い。

身代わり採用により初手ダイアイスを打ってくる低速ポケモン(主にディアルガ)の初手ダイマを一方的に枯らす動きが本当に強かった。

ナットレイの宿木やカバルドンの欠伸ループを回避できるのも偉い。

 

 

ザシアン@くちたけん(ふとうのけん・いじっぱり)

187(156)-244(252)-136(4)-×( )-136(4)-92(180)

きょじゅうざん/ワイルドボルトせいなるつるぎでんこうせっか

ぽけっとふぁんくしょん!

8世代で相当お世話になったビジネスパートナー枠。

ばっどさんのレンタル使った時に使用感が良かったため努力値振りはパクった。

インファではない理由だが、格闘技を打ちたいナットレイはHDor鉄壁型しかいないかつ大体削れた状態で対面する、ディアルガはガブの身代わりを絡めて霰ダメージをスリップさせれば聖なる剣で落とせるため。

 

 

イベルタル@いのちのたま(ダークオーラ・おくびょう)

207(44)-135(0)-143(220)-153(12)-119(4)-162(228)

あくのはどうデスウイング/ねっぷう/みがわり

ぽけっとふぁんくしょん!

見た目が禁止伝説で一番好き。

ほぼふゆのさんのパクリ。

ジガルデにも初手に出したい場面が多かったので参考元よりもSを伸ばした。

 

 

バドレックス黒@こだわりスカーフ(じんばいったい・ひかえめ)

175(0)-94(0)-108(60)-231(196)-120(0)-202(252)

アストラルビット/はかいこうせん/ドレインキッス/トリック

ぽけっとふぁんくしょん!

和解ポケモン

"ステロ+特化ザシアンが多くて耐久調整が崩れやすいこと"、"ステルスロック+準速スカーフバドで相手のバドに対して引き先を用意しなくてよくなること"から準速にした。

トリックの枠は怖い顔も候補に入るが、怖い顔にすると崩しが足りないと感じる場面が多かったのでトリックで使用した。(イベネクロランドみたいなのはトリックで崩す)

仲が悪かったがこのルールでやっと和解したポケモン

 

 

カイオーガ@ラムのみ(あめふらし・ずぶとい)

207(252)-×(0)-143(156)-170(0)-160(0)-120(92)

なみのり/かみなり/こごえるかぜ/でんじは

ぽけっとふぁんくしょん!

和解ポケモン

実はカイオーガは今までちゃんと使ってこなかったポケモン。相手のジガルデと初手ダイマ両方に強いポケモンを探していたところ辿り着いた。

マーシャドー入りに対してガブリアスがステロを撒けなそうな対戦(初手対カイオーガイベルタル)にマーシャドーにあと投げして頑張れるのも偉かった。

選出圧力が強いため、いるだけで相手の裏を読みやすくなるのも偉いポケモン

 

 

ゼクロム@たべのこし(テラボルテージ・いじっぱり)

177(12)-222(252)-141(4)-×(0)-127(52)-134(188)

らいげき/スケイルショット/みがわり/りゅうのまい

ぽけっとふぁんくしょん!

和解ポケモン

オーガと一緒に選出して全て破壊するポケモン

非常に選出画面での圧力が強く、初手に相手がカイオーガを出してきた場合、必ず裏にランドロス等の引き先がいるのが読めるのでこちらのポケモンを通すプランを立てやすい。

よく界隈を騒がせていたポケモンだったが、"身代わりを入れてカイオーガの電磁波と組み合わせる"、"ランドロスをみたら投げない"を徹底することで安定した強さを発揮できるポケモンだった。

 

【選出】

基本選出は下記の4パターン。だが初手性能が高いポケモンが多いので割と選出の自由度は高く、基本選出以外の選出も可能。出し負けないことを第一に考えて選出をしていた。

1.ガブザシイベル
2.ガブザシバド
3.オーガゼクロムザシ
4.イベザシバド

 

 

【キツめなポケモン

・不意打ち持ちイベルタル

ステロ→バド展開後の不意打ち持ちイベルはキツい(ケアできない)が、相手もこちらのザシアンがチラつく+ステロによりイベルを下げるのを躊躇うのを踏まえて願望ダイアタックを打っていた(アホ)

実際あまり不意打ちは打たれなかった。

・初手のでんじは持ちHBオーガ

ガブの岩石封じ+バドのアストラルビットorザシアンのワイルドボルト(ソクノまで考慮)で落ちないため、岩石封じ+地震+アストラルビットで倒さないといけない。

更に相手のパーティにマーシャドーが見えていると@2バドザシの選出ができない。

ただし、初手カイオーガゼクロムに対する引き先が裏にいることが読めるので相手の裏の選出は読みやすい。

【結果】

TNシールド178位

f:id:PokeCenIncho:20221102083135j:image

 

ガーダシルさんも同じ構築で2ロム3桁乗せてくれました。

 

第74回葉桜杯優勝構築

【初めに】

こんにちは、院長です。

第74回葉桜杯優勝の記念として簡単にですが記事を残します。

 

【構築経緯】

採用順 イベザシ→ネクロパルキア→ホウオウ→カバ

 

1.プールが狭いルールの中、受け駒で多くなるのがザシアン意識のホウオウ&ネクロズマカイオーガ意識のチョッキ持ちドラゴン禁伝だと予想し、それであれば物理イベルタルを明確に受けれるポケモンがいないと思いイベルタル&合わせて強そうなザシアンを採用。

2.イベザシだと対面的な動きしかできず、選出に自由度がないと思ったのでイベザシと合わせるサイクルパーツとしてネクロズマパルキアを採用。

3.バドの対策をイベルに任せすぎてるので緩くバドに強く、パルキアと合わせたサイクルが強そうなホウオウを採用。

4.電気の一貫切りとマーシャドー入りへの動かしやすさ、イベザシの補助役としてカバルドンを採用。

 

【コンセプト】

イベルタルを強く通す。

・相手の構築に応じて対面とサイクルどちらもできるようにする

 

【個体】

f:id:PokeCenIncho:20221002232148j:image

使い慣れていて信用してるポケモン

ゼクロムパルキアネクロズマカバルドンでどうにかなるため、技範囲と剣の舞による崩しを意識した技構成となっている。

 

f:id:PokeCenIncho:20221002232015j:image

脳筋ポケモン

ザシアンにも通したいので鋼の翼を採用。

羽休めは黒バド入りに対して過労死しないために入れたが、ダイスチルのBアップと合わせてホウオウにTODを仕掛けたこともあった。

 

f:id:PokeCenIncho:20221002232025j:image

ザシアン対策。

とはいえこちらのザシアンらミラーに強く、ホウオウやカバルドンを絡めてザシアンを見る選出が多かったため選出は少なめ。

とはいえパルキアを初手に出したい対戦も多く、その際に引き先として必要なポケモンであった。

 

f:id:PokeCenIncho:20221002232050j:image

MVP。(葉桜ではHP195でした)

オーガ対策ではあるが、電磁波+身代わりがグラードンやルギアといったポケモンに強い他、イベルタルディアルガゼクロムにも回答があるため禁止伝説に対して非常に刺さりの良いポケモンだと感じた。

 

f:id:PokeCenIncho:20221002232101j:image

この構築の守護神。

対面的に動きにくい構築に対してパルキアと合わせることでサイクル勝負ができる。

 

f:id:PokeCenIncho:20221002232126j:image

実は殆ど使ってこなかったポケモン

2戦目で自分がカバルドンで欠伸ステロをしているのは自分でも違和感しかなかった。

今回和解したので今後に期待。

 

【選出】

特に決めてませんが下記の選出が多かったです。

・イベザシ@1(カバorパルキア

・ザシ+ホウオウパルキア

パルキアネクロズマ@1(ホウオウorイベルタル

 

【後語り】

剣盾で絶対達成したい目標の1つであった葉桜杯で優勝を達成することができ、満足しています。

また優勝ツイートにはたくさんのおめリプを頂き今まで感じたことのないくらい嬉しかったです。

応援して頂いた方々本当にありがとうございました!

 

 

 

GU5使用構築

f:id:PokeCenIncho:20220717220046j:image

こんにちは。院長です。

GU5でチームで3位を取れた記念として簡単にですが記事に残します。

※質問あればDMまで。

【構築経緯】

1.クレセリア(図太いHB)

環境に多い、かつ対処の難しいバシャーモやパッチラゴンのダイマを枯らせそうなクレセリアから構築を組み始めました。対インキャポケモンTOD性能も高いことから、先にダイマで崩してからポケモンで詰めるルートとこのポケモンダイマを枯らしてからこちらの後発ダイマを通すことの2つを意識して構築を組むように考えました。

2.ウォッシュロトム(控えめHC)&ガブリアス(意地AS)

ダイマックスした時のパワーが高いポケモンを採用したいと思い、悪巧みウォッシュロトムと珠ガブリアスを採用しました。起点作成をするつもりはなかったので積まなくても強いガブリアスと、ガブが刺しづらいカバラグに対して強いウォッシュロトムが刺さると思いました。ガブの枠はラティオスを試していた時期もありましたが、クレセリアダイマをさせる場面も多いことから、非ダイマでも動かしやすい方が構築と合ってると思い、ガブリアスにしました。

3.ヒヒダルマ(陽気Abs)

初速が早く、交代技が使え、ダイマを誘発させる&受けポケモンを誘発させるヒヒダルマを採用しました。

圧力が最強クラスのこのポケモンのお陰でクレセリアやガブ、ウォッシュロトムを刺すことが出来ました。

ゴリラの鉢巻グラスラ耐え調整。

4.ヒードラン(控えめhcds)

アーゴヨンカミツルギの誤魔化し、他のポケモンとの補完の良さからヒードランを採用しました。

あんまり出しませんでしたが、出した対戦は活躍しました。

ボックスにいたやつをそのまま使用。

調整とか細かく覚えてないです。

5.マンムー(意地Acs

先制技が欲しい、詰め筋として使えるタスキ枠、ここまでで重いウオノラゴンへの強さを兼ね備えた枠としてマンムーを採用しました。

出しどころが難しいポケモンですが、本戦ではしっかり活躍させることができました。

 

【選出】

ヒヒダルマ+ガブorロトムクレセリア

基本選出。

ダルマで受けorダイマを誘う。

ダイマにはクレセで受けて、受けにはガブorロトムで崩しをする。

これが刺さらないと思った時は割と雰囲気で選出してました。

 

【結果】

個人→33位

チーム→3位

めっちゃ相方に感謝です。

f:id:PokeCenIncho:20220717222442j:image
f:id:PokeCenIncho:20220717221824j:image

 

 

【ポケモン剣盾S29使用構築】粉ミミ商標登録(最終69位、レート2004)


こんにちは、院長です。

剣盾で11回目のレート2000を超えを果たすことができました。また久しぶりの最終2桁でした。

S29では前期の構築を改良した構築を使用しました。

記事にしたので良かったら見ていってください! 


【構築コンセプト】 

・対面選出、積み展開、電磁波→ジガルデの詰ませ展開いずれかが刺さる場合にはそれらを通す。
・上記の選出が刺せない時にはサイクル選出で拾う

【構築経緯(大半は前期の記事を言語化)】

パワーの凄まじい禁止伝説級ポケモンが2体採用可能なこのルールでは全ての構築に対してサイクルを回すのは難しい。
そのためまずは広い範囲に選出可能な対面選出、および展開選出を用意し、それらが刺せない場合にサイクル選出をできるように構築を組もうと考えた。

初めに対面選出を出来るポケモンを考え、下記の理由から最終的にザシアン×サンダーを採用した。
・ザシアンは身代わり、サンダーはタイプで環境に多い電磁波を拒否できる
・ザシアンはタイプと耐性、サンダーは高速高火力ボルトチェンジがあることによりサイクル性能も高い
・めっちゃ強い(小学生レベルの語彙力しかない)

この2体の対面選出をする際に下記の問題があるのでそれぞれ問題を解決してくれるポケモンを用意した。
1.カイオーガ入りにどうするか
2.この2体だとサンダー、ランドロス、エースバーンに対してが安定した立ち回りができない(出し負けのケアが出来ていない)
3.ホウオウやネクロズマといったザシアンが不利を取るサイクルに対して強く出れない。

1の解答として身代わり持ちのミミッキュを採用。サンダーをプレッシャーで採用することで初手カイオーガと対面した場合にS判定をし、こちらが遅い場合、相手はスカーフなのでダイマックスして倒しに行き、裏からのダイマックスをミミッキュで誤魔化す。こちらが上を取っている場合、相手は交代orダイマックスなので突っ張りに対してはボルトチェンジからミミッキュを出し、化けの皮と身代わりでダイマックスターンを全て枯らすことができる。
2と3解答としてジガルデを採用。
2についてはジガルデを採用することで出し負けをケアしたり、麻痺撒きでザシアンの補助をすることができる。
3についてはジガルデをが優位に立てるので有利なサイクルを形成することができる。

ここまででザシアンサンダーミミッキュジガルデの並びとなった。
ミミッキュの技は採用理由である身代わりは確定。ジガルデを採用したことにより電磁波を撒ける型が良いと考え、この2つの技を採用しながらザシアンやジガルデが呼ぶヌオーに強い型である電磁波呪い痛み分け身代わりの粉ミミッキュとした。

この時点でそれぞれ趣向の異なる3つの選出が確立され、通ってる構築に対しては割とイージーウィンが可能となった。
・ザシアンサンダー@1の対面選出
ミミッキュジガルデ@1のジガルデ展開選出
ミミッキュザシアン@1のザシアン積み展開

上記の構築が刺せない場合にはサイクル選出をする必要がある。
その際に黒バドとマンムーに不利を取った場合のケアができていないので、引き先となれて電磁波でジガルデやザシアンのサポートが可能なポリゴン2を採用した。

最後の枠はラキヌオーの並びや初手のカバルドンを抑制でき、ムゲンダイナに予め麻痺を入れておけば受けも崩せるウオノラゴンを採用した。



【個体紹介】

 

ザシアン@くちたけん(ふとうのけん・ようき)

197(236)-192(12)-136(4)-×(0)-136(4)-220(252)

きょじゅうざん/インファイトつるぎのまい/みがわり

A→+3巨獣残でH252B4ザシアンがほぼ落ちる
S→最速
H→出来るだけ高く(A特化巨獣+石火意識)

環境に多い電磁波を無効化でき、ジガルデの麻痺と相性の良い身代わり剣の舞を採用。
相手のサンダーはこちらのジガルデで見れるため、じゃれつくは不採用。その代わりに等倍範囲を求めてインファイトを採用。

ネクロズマ相手でも麻痺を撒いていれば身代わり+剣舞インファイトで強引に突破できたりした。

 

サンダー電@いのちのたま(プレッシャー・ひかえめ)

168(20)-×(0)-106(4)-191(228)-111(4)-152(252)

ボルトチェンジ/ぼうふう/破壊光線/でんじは

C→ダイジェット+ダイサンダーでH252D4ザシアンほぼ落ちる(どっちも最低乱数じゃなければ落ちる)
S→99族意識で振り切り
HB→ダイマ状態珠ダメ+ゼクロムの+1雷撃確定耐え

前期ゼクロム入りに勝てなかったことから破壊光線採用。
HPの実数値が汚いが、"ダイマ状態珠ダメ×1+ゼクロムのA+1雷撃を確定耐え"調整をしたかったためしょうがない。

ダイマでも100族から麻痺を撒けるのが本当に偉い。

3桁帯でも初手から3タテ決めることもあるし、やはり文句なしの一般枠最強ポケモン



 
ジガルデ@たべのこし(スワームチェンジ・しんちょう)

213(236)-120(0)-141(0)-×(0)-145(132)-133(140)

サウザンアロー/へびにらみ/とぐろをまく/みがわり

クッション兼詰め。

ザシアンとのタイプ補完が素晴らしいポケモン
対面選出やサイクル選出でクッション兼麻痺撒きをしたり、展開選出で自身が詰め筋となったり座面に応じて動ける偉いポケモンだった。


ミミッキュ@ひかりのこな(ばけのかわ・おくびょう)

129(0)-85(0)-121(164)-70(0)-136(84)-162(252)

でんじは/身代わり/のろい/シャドークロー⇄痛み分け

S→最速
D→調整
B→出来るだけ高く

役割として
・サンダーと合わせてカイオーガを見る
・ホウオウダイナに安定して麻痺を撒く&削りを入れる
・ラキヌオーに投げる
・ザシアンやジガルデの起点作り
・初手でダイマを切る展開をする時に裏にストッパーとして置く
このように様々な場面で活躍してくれたポケモン

持たせるものがないので粉を持たせているが、粉で避ける前提で投げるのではなく、確実に麻痺を撒いたり削りを入れることを目的に投げるポケモン
あくまでも粉は上振れ要素でしかない。けど持たせて強い持ち物がこれしかない。
※Hの個体値下げてます。



 

ウオノラゴン@こだわりスカーフ(がんじょうあご・ようき)

175(76)-136(204)-121(4)-×(0)-105(36)-130(188)

エラがみ/ロックブラスト/げきりん/ねむる

諸説枠。殆ど出してない。
ただ見た目の圧をかけるという仕事は確実にしてくれたので、持ち物を変えて受け構築に出す駒にした方が良かったかもしれない。

 

ポリゴン2@しんかのきせき(アナライズ・図太い)

191(244)-135(0)-138(124)-×(0)-133(140)-80(0)

イカサマ/冷凍ビーム/電磁波/自己再生

HB→ザシアンの特化インファイト確定耐え
D→残り

サイクルをする際に厳しい黒バドやマンムーに受け出せる駒。
前期はガオガエンだったが、ガオガエンと比べると下記の2点が優秀だった。
・居座れる範囲が広い
・電磁波を使えるので1発耐えれば最悪電磁波撒ける
ガオガエンよりも腐りにくい
特にザシアンにも最悪突っ張って仕事をできるのが非常に偉い。
前期のガオガエンから変えて正解だった。

【構築の要点】

対面選出時のパワー

ザシアンとサンダーを両方受け切れるポケモンは存在せず、受け構築以外ならどちらかが確実に通っている。

どちらも初手性能が高い上、多少不利でもゴリ押しが効くため選出択になりにくい。



対策の薄い構築にはイージーウィンを狙える展開選出

選出で明確な勝ち筋が生まれるイージーウィン要素



確率ゲーの押し付けと確率ゲーの拒否

アタッカーのが身代わり持ち、は麻痺にならないため、電磁波が多い環境でもストレスフリーに戦うことができ、逆にこちらは麻痺撒きを多く採用しているため、絶望的な状況でも拾える対戦がある。



【選出】

基本選出1(対面選出)→ザシアンサンダー@1

パワーがある対面選出。初手のダイマックスで数的有利を取ってからで詰める。

基本選出2(展開選出)→ミミッキュジガルデorザシアン@1

ミミッキュで起点を作りザシアンorジガルデで積んでいく。ヌオー入りにはサンダーを絡める。

サイクル選出→臨機応変

対受け→ミミッキュジガルデサンダーorウオノラゴン

ムゲンダイナに電磁波入れてサンダーorウオノラゴンで崩す


【反省点】

毒びしダイナ入り受けループに対して全く勝ち筋がなかった。
終わってから気づいたが、ウオノラゴンをもっと受けに強い型にすれば拾えた対戦がありそう。


【結果】
69位

葉桜杯3位

https://youtu.be/338yjvbrqUA


【最後に】

今期は序盤はゆっくり過ごしてましたが、葉桜杯に出てからモチベーションが復活して安定して高い順位を保つことができました。
これも葉桜でたくさん応援を頂いたおかげです。
信じられない数の応援コメント嬉しかったです!!!

個人的にかなり思い出に残るシーズンとなりました。

来月はどのくらい力を入れてやるかは未定ですが、それなりにはやってると思うので来期もよろしくお願いします。

【ポケモン剣盾S28使用構築】ザシサンダージガッキュ(最終134位、レート2001)

f:id:PokeCenIncho:20220401193904j:image

こんにちは、院長です。

前期に続きレート2000を超えを果たすことができました。

また密かに目標としていた剣盾でのレート2000×10回達成を果たすことができました。

S28では久しぶりに対面構築を使いました!

記事にしたので良かったら見ていってください! 

 

【構築コンセプト】 

f:id:PokeCenIncho:20210401161308j:plain×f:id:PokeCenIncho:20201201192207j:plainの対面選出でパワーを押し付ける。

f:id:PokeCenIncho:20210401161308j:plain×f:id:PokeCenIncho:20201201192207j:plainの対面選出で不利を取る構築(f:id:PokeCenIncho:20220401184233p:plainf:id:PokeCenIncho:20220401184118p:plain等)にはf:id:PokeCenIncho:20220401183635p:plainを軸としたサイクルを形成する。

 

【構築経緯】

 

1.軸の決定

環境で最もパワーが出しやすいと感じていたf:id:PokeCenIncho:20210401161308j:plain×f:id:PokeCenIncho:20201201192207j:plainを使おうと考えた。

f:id:PokeCenIncho:20210401161308j:plain×f:id:PokeCenIncho:20201201192207j:plainは対面寄りの動きになるが、f:id:PokeCenIncho:20210401161321j:plainが好きな僕は対面といえば6世代の対面厨パが思い浮かんだため、るまさんに6世代のf:id:PokeCenIncho:20220401184453p:plainf:id:PokeCenIncho:20210401161321j:plainの記事をいくつ紹介してもらったところ、面白い内容が書いてある記事があった。

パーティにはすべて綻びがある : S15使用構築 ~発狂厨パ~ (無断転載のため、問題あれば削除します)

”対面構築側が用意できるようなサイクル選出であっても、サイクル構築側が用意しているサイクル選出と五分五分の試合ができる可能性がある。”

この記事の考えをf:id:PokeCenIncho:20210401161308j:plain×f:id:PokeCenIncho:20201201192207j:plainに置き換えて考えると

f:id:PokeCenIncho:20210401161308j:plain×f:id:PokeCenIncho:20201201192207j:plainの対面選出を基本選出としたうえで、f:id:PokeCenIncho:20210401161308j:plain×f:id:PokeCenIncho:20201201192207j:plainで不利をとるサイクル構築に対してサイクル選出を用意できれば五分五分の試合ができる可能性がある

f:id:PokeCenIncho:20210401161308j:plain×f:id:PokeCenIncho:20201201192207j:plainは非常にパワーが高いため、明確に不利なサイクル構築でなければ関係なくぶち抜けると考えた。

そして今の環境でf:id:PokeCenIncho:20210401161308j:plainが明確に不利を取るサイクル構築はf:id:PokeCenIncho:20220401184233p:plainf:id:PokeCenIncho:20220401184118p:plain入りである。

つまりf:id:PokeCenIncho:20220401184233p:plainf:id:PokeCenIncho:20220401184118p:plain入りのサイクルに対してサイクル選出を用意できれば五分五分に戦えるという訳である。

上記のことを念頭に置きながら序盤からこの2体を固定して@4を色々試していた。

そんな中でたまたまツイキャスをしていたライオンポケさんがf:id:PokeCenIncho:20210401161308j:plain×f:id:PokeCenIncho:20201201192207j:plain×f:id:PokeCenIncho:20220401183635p:plain

の並びが強いと言ってたので使ってみたところ、

f:id:PokeCenIncho:20210401161308j:plainの苦手なf:id:PokeCenIncho:20220401184233p:plainf:id:PokeCenIncho:20220401184118p:plain入りサイクルに対してf:id:PokeCenIncho:20220401183635p:plainを軸としたサイクルが強く動くことができる

f:id:PokeCenIncho:20210401161308j:plainとのタイプ相性が良く、タイプ受けのサイクルが可能

・麻痺を撒くことで絶望的な状況でも運ゲーで拾える対戦がある

これらの点から非常に好感触だったため、f:id:PokeCenIncho:20210401161308j:plainf:id:PokeCenIncho:20201201192207j:plainf:id:PokeCenIncho:20220401183635p:plainの3体を軸に構築を考え始めた。

 

2.軸のポケモンの型を決定

軸の3体を選出できた際に最もパワーの出せる努力値振りと技構成を考えた。

f:id:PokeCenIncho:20220401183635p:plainは先述の通りf:id:PokeCenIncho:20220401184233p:plainf:id:PokeCenIncho:20220401184118p:plainに強く出たいため、テンプレ構成が1番良いと考えた。

f:id:PokeCenIncho:20201201192207j:plainはライオンポケさんの使ってた控えめ珠f:id:PokeCenIncho:20201201192207j:plainがミラーでの技選択に解答があり、対面選出において非常に良いと考えそのまま使用した。

f:id:PokeCenIncho:20210401161308j:plainはミラー意識でHS。技構成はf:id:PokeCenIncho:20220401183635p:plainの麻痺と相性、そして何より電磁波環境であることを踏まえて、身代わり剣舞2ウェポンとした。

 

3.補完枠の投入

このままだとf:id:PokeCenIncho:20210401202050j:plainf:id:PokeCenIncho:20220401184002p:plainを舐めすぎているので、水技を1/4受けながら崩しができて、数的有利を取ってf:id:PokeCenIncho:20220401183635p:plainTODをするルートが取れそうなf:id:PokeCenIncho:20201201192546j:plain

黒バド軸に投げれてf:id:PokeCenIncho:20210401161308j:plainf:id:PokeCenIncho:20220401183635p:plainの詰みのサポートができるf:id:PokeCenIncho:20220401184203p:plain

上記の5匹だとガチガチの受け構築(f:id:PokeCenIncho:20210401161911j:plainf:id:PokeCenIncho:20220401184118p:plainf:id:PokeCenIncho:20201031230452j:plainf:id:PokeCenIncho:20210401202255j:plain等)に選出が纏まらないことが予想できたので、受けに対して強く出れる、電磁波を撒ける、不意に来るキツイ並びにも雑に出せる粉f:id:PokeCenIncho:20210101220444j:plainを採用し構築が完成した。

 

 

【個体紹介】

 

ザシアン@くちたけん(ふとうのけん・ようき)

197(236)-192(12)-136(4)-×( )-136(4)-220(252)

きょじゅうざん/インファイトつるぎのまい/みがわり

ぽけっとふぁんくしょん!

f:id:PokeCenIncho:20220401183635p:plainの麻痺撒きと相性の良い身代わりと剣の舞型で使用。

身代わりは環境的に電磁波が多かったため、そもそも刺さっていた。

相手のf:id:PokeCenIncho:20201201192207j:plainf:id:PokeCenIncho:20220401183635p:plainで見れるため、じゃれつくは不採用。

f:id:PokeCenIncho:20220401184233p:plain相手でも麻痺を撒いていれば身代わり+剣舞インファイトで強引に突破できたりした。

f:id:PokeCenIncho:20210401161308j:plainの処理を電磁波に頼ってる構築にはイージーウィンを量産した。

僕はこの環境のf:id:PokeCenIncho:20210401161308j:plain中でも僕のf:id:PokeCenIncho:20210401161308j:plainが1番強いと本気で思ってる。

 

 

サンダー電@いのちのたま(せいでんき・ひかえめ)

165(0)-×(0)-106(4)-194(252)-110(0)-152(252)

ライジングボルト/ぼうふう/げんしのちから/でんじは

ぽけっとふぁんくしょん!

控えめで採用しているため、ミラーはダイジェット→ダイロック+珠ダメ2回+砂ダメで大体勝てる(耐えられてもダイウォールを挟むことでほぼ落ちる)

ダイマでも100族から麻痺を撒けるのが本当に偉い。

3桁帯でも初手から3タテ決めることもあるし、やはり文句なしの一般枠最強ポケモン

 

 

ジガルデ@たべのこし(スワームチェンジ・しんちょう)

213(236)-120(0)-141(0)-×(0)-145(132)-133(140)

サウザンアロー/へびにらみ/とぐろをまく/みがわり

ぽけっとふぁんくしょん!

クッション兼詰め。

初めて触ったポケモンだったが、f:id:PokeCenIncho:20210401161308j:plain×f:id:PokeCenIncho:20210401161321j:plainを使い慣れてるせいか、すんなりとタイプ受けのサイクルをすることができた。

勿論このポケモンで詰めることも多いが、f:id:PokeCenIncho:20210401161308j:plainのサポートという位置付けも担っており、このポケモンのお陰でf:id:PokeCenIncho:20210401161308j:plainの力をフルに引き出せた。

ただ詰めとして使う際の技選択はかなり難しく、使うなら結構対戦数を重ねたり、初めのうちは有識者と通話しながら使った方が良いのかもしれない。

 

 

ミミッキュ@ひかりのこな(ばけのかわ・おくびょう)

131(4)-85(0)-121(164)-70(0)-136(84)-162(252)

でんじは/みがわり/のろい/いたみわけ

ぽけっとふぁんくしょん!

NNはエスナイデル(粉ミミ教祖のエスナイデルさん許可ありがとうございます)

f:id:PokeCenIncho:20210401161911j:plainf:id:PokeCenIncho:20220401184118p:plainに安定して麻痺を撒いたり、f:id:PokeCenIncho:20201031230452j:plainf:id:PokeCenIncho:20210401202255j:plainに投げたりするために投入。

正直受け構築に対して麻痺入れて痛み分けで削ってくれれば十分と思って採用したが、自覚の塊すぎて1匹で受け構築を半壊させていた。

受け構築以外にもこちらが基本選出を渋りやすい不意に来るマイナー禁伝(f:id:PokeCenIncho:20220401185929p:plain等)入りに対しても初手投げることができ万能な補完枠であった。

 

 

ウオノラゴン@こだわりスカーフ(がんじょうあご・ようき)

175(76)-136(204)-121(4)-×(0)-105(36)-130(188)

エラがみ/がんせきふうじ/ギガインパクト/ねごと

ぽけっとふぁんくしょん!

諸説枠その1。

初手f:id:PokeCenIncho:20210401161308j:plainf:id:PokeCenIncho:20210401202050j:plainのS判定をして、スカーフなら上原亜衣読みでf:id:PokeCenIncho:20201201192546j:plainバックをするために耐久調整した。

中盤はそれなりに出せたが、終盤はf:id:PokeCenIncho:20210401202050j:plain×f:id:PokeCenIncho:20220401190002p:plainの並びが多く、そこでダイロックを打つのは強くないためもっと良いポケモンを探すべきだった。

 

 

ガオガエン@ウイのみ(いかく・しんちょう)

201(244)-135(0)-132(172)-×(0)-134(92)-80(0)

フレアドライブ/うっぷんばらし/かわらわりすてゼリフ

ぽけっとふぁんくしょん!

諸説枠その2。

f:id:PokeCenIncho:20220401184002p:plainに強く、展開補佐ができるのが魅力的。

が、僕がこのポケモンを扱うのが苦手なせいでバド入り勝率はあんまり良くなかった。

このポケモンをもっと上手に扱える、または他に良いポケモンを採用すればもっと勝てたと心の底から思ってる。

 

【構築の要点】

対面選出時のパワーf:id:PokeCenIncho:20210401161308j:plainf:id:PokeCenIncho:20201201192207j:plain

f:id:PokeCenIncho:20201201192207j:plainダイマックスとf:id:PokeCenIncho:20210401161308j:plainを両方受け切れるポケモンは存在せず、受け構築以外ならどちらかが確実に通っている。

どちらも初手性能が高い上、多少不利でもゴリ押しが効くため選出択になりにくい。

 

f:id:PokeCenIncho:20210401161308j:plainf:id:PokeCenIncho:20201201192207j:plainが不利を取る禁止伝説への回答

f:id:PokeCenIncho:20210401161308j:plainf:id:PokeCenIncho:20201201192207j:plainが不利を取る禁止伝説に対してもf:id:PokeCenIncho:20220401183635p:plainで補助をすることでf:id:PokeCenIncho:20210401161308j:plainf:id:PokeCenIncho:20201201192207j:plainを通すことができる。

 

確率ゲーの押し付けと確率ゲーの拒否

アタッカーのf:id:PokeCenIncho:20210401161308j:plainが身代わり持ち、f:id:PokeCenIncho:20201201192207j:plainは麻痺にならないため、電磁波が多い環境でもストレスフリーに戦うことができ、逆にこちらは麻痺撒きを多く採用しているため、絶望的な状況でも拾える対戦がある。

 

 

【選出】

基本選出(対面選出)→f:id:PokeCenIncho:20210401161308j:plainf:id:PokeCenIncho:20201201192207j:plain@1(ほぼf:id:PokeCenIncho:20220401183635p:plain

パワーがある対面選出。初手のダイマックスで数的有利を取ってからf:id:PokeCenIncho:20210401161308j:plainf:id:PokeCenIncho:20220401183635p:plainで詰める

裏選出(サイクル選出)→f:id:PokeCenIncho:20210401161308j:plainf:id:PokeCenIncho:20220401183635p:plain@1

f:id:PokeCenIncho:20210401161308j:plainが不利をとるサイクルには麻痺からf:id:PokeCenIncho:20220401183635p:plainで詰ませるorf:id:PokeCenIncho:20210401161308j:plainで詰むor裏からf:id:PokeCenIncho:20201201192207j:plainを通す

f:id:PokeCenIncho:20210401202050j:plainf:id:PokeCenIncho:20220401184002p:plainはそれぞれf:id:PokeCenIncho:20201201192546j:plainf:id:PokeCenIncho:20220401184203p:plainを絡める。

対受け→ミミッキュジガルデサンダー

 

【反省点】

補完枠のf:id:PokeCenIncho:20201201192546j:plainf:id:PokeCenIncho:20220401184203p:plainが上手く使えなかったため、f:id:PokeCenIncho:20210401202050j:plainf:id:PokeCenIncho:20220401184002p:plainに対しての勝率が良くなかった。

別のポケモンにするなり、技を変えるなり、プレイングを煮詰めるなりしないといけない。

 

【結果】

f:id:PokeCenIncho:20220401163448j:image

【最後に】

禁止伝説2対ルールは禁止伝説の組み合わせが多く、色んな構築と当たるので、まだまだ楽しめてます。

また来月からは3桁を目指す人たちの支援をさせて頂くことになりました。

より一層ポケモンに関わる機会が増えるため、ポケモンに対する理解を更に深めることが出来そうで楽しみにしています。

 

【最終日対戦動画】

【ポケモン剣盾】S28最終日対戦集1 - YouTube

→粉ミミ大活躍回なので不快に思われる方ブラウザバック推奨

朝の対戦は撮り忘れました✌︎('ω')✌︎

 

【Special Thanks】

f:id:PokeCenIncho:20210401161308j:plain×f:id:PokeCenIncho:20201201192207j:plain×f:id:PokeCenIncho:20220401183635p:plainを提案してくれたライオンポケさん。

f:id:PokeCenIncho:20210101220444j:plainのNNを許可してくれたエスナイデルさん

6世代の記事を教えてくれたるまさん

通話繋いでくれた人たち全員

ポケ勢は命尽きるまでランクマしなきゃと名言を残してくれたまりさん