8世代まとめ(順位、レート、並び)

完全自分用。

 

f:id:PokeCenIncho:20210802093820j:plain

↑サムネ用画像

---------シーズン1----------
順位:19815位
レート:1716
並び:f:id:PokeCenIncho:20210711215117p:plainf:id:PokeCenIncho:20210711215146p:plainf:id:PokeCenIncho:20201201192513j:plainf:id:PokeCenIncho:20210711215230p:plainf:id:PokeCenIncho:20210711215340p:plainf:id:PokeCenIncho:20210601233442p:plain
---------シーズン2----------
順位:3274位
レート:1844
並び:f:id:PokeCenIncho:20210601215306j:plainf:id:PokeCenIncho:20201101095402j:plainf:id:PokeCenIncho:20210711215340p:plainf:id:PokeCenIncho:20210711215230p:plainf:id:PokeCenIncho:20210601233442p:plainf:id:PokeCenIncho:20210101220444j:plain
---------シーズン3----------
順位:3160位
レート:1825
並び:f:id:PokeCenIncho:20210601215306j:plainf:id:PokeCenIncho:20210711215510p:plainf:id:PokeCenIncho:20210711215340p:plainf:id:PokeCenIncho:20210711215230p:plainf:id:PokeCenIncho:20210601233442p:plainf:id:PokeCenIncho:20210101220444j:plain

---------シーズン4----------
順位:780位
レート:1951
並び:f:id:PokeCenIncho:20210601215306j:plainf:id:PokeCenIncho:20210711215510p:plainf:id:PokeCenIncho:20210711215340p:plainf:id:PokeCenIncho:20210711215230p:plainf:id:PokeCenIncho:20210601233442p:plainf:id:PokeCenIncho:20210101220444j:plain

---------シーズン5----------
順位:6230位
レート:1732
並び:f:id:PokeCenIncho:20210601215306j:plainf:id:PokeCenIncho:20210711215510p:plainf:id:PokeCenIncho:20210711215340p:plainf:id:PokeCenIncho:20210711215230p:plainf:id:PokeCenIncho:20210601233442p:plainf:id:PokeCenIncho:20210101220444j:plain
---------シーズン6----------
順位:1240位
レート:1914
並び:f:id:PokeCenIncho:20210711215230p:plainf:id:PokeCenIncho:20210601233442p:plainf:id:PokeCenIncho:20210601215306j:plainf:id:PokeCenIncho:20201201192439j:plainf:id:PokeCenIncho:20201031225425j:plainf:id:PokeCenIncho:20210711215835p:plain

---------シーズン7----------
順位:983位
レート:1888
並び:f:id:PokeCenIncho:20201201192233j:plainf:id:PokeCenIncho:20210601215306j:plainf:id:PokeCenIncho:20201201192357j:plainf:id:PokeCenIncho:20201031225425j:plainf:id:PokeCenIncho:20210711215835p:plainf:id:PokeCenIncho:20210101220444j:plain
---------シーズン8----------
順位:1478位
レート:1884
並び:f:id:PokeCenIncho:20201201194105j:plainf:id:PokeCenIncho:20201201192439j:plainf:id:PokeCenIncho:20210711220304p:plainf:id:PokeCenIncho:20201201192357j:plainf:id:PokeCenIncho:20210711220340p:plainf:id:PokeCenIncho:20210101220353p:plain

---------シーズン9----------
順位:494位
レート:1955
並び:f:id:PokeCenIncho:20201201192357j:plainf:id:PokeCenIncho:20201201192233j:plainf:id:PokeCenIncho:20201201194105j:plainf:id:PokeCenIncho:20210601233442p:plainf:id:PokeCenIncho:20201031225425j:plainf:id:PokeCenIncho:20210711224255p:plain

記事:【ポケモン剣盾S9使用構築】「ここ読み合いにしたくないよ!」堅実プレイを心掛けたエースバーン軸(最終494位、最終日最高416位)

---------シーズン10----------
順位:261位
レート:2007
並び:f:id:PokeCenIncho:20201001183116p:plainf:id:PokeCenIncho:20201001183141p:plainf:id:PokeCenIncho:20201001183209p:plainf:id:PokeCenIncho:20201001183216p:plainf:id:PokeCenIncho:20201001183225p:plainf:id:PokeCenIncho:20201001183156p:plain

記事:【ポケモン剣盾S10使用構築】《しまじろうパ》とりっぴいの初手ダイマックス構築(最終261位、最終日最高226位、レート2007)

---------シーズン11----------
順位:39位
レート:2043
並び:f:id:PokeCenIncho:20201001183116p:plainf:id:PokeCenIncho:20201001183141p:plainf:id:PokeCenIncho:20201001183209p:plainf:id:PokeCenIncho:20201001185014p:plainf:id:PokeCenIncho:20201001183225p:plainf:id:PokeCenIncho:20201001183156p:plain

記事:【ポケモン剣盾S11使用構築】奮い立った噴火龍(最終39位、レート2000達成)

---------シーズン12----------
順位:337位
レート:2009
並び:f:id:PokeCenIncho:20201201192207j:plainf:id:PokeCenIncho:20201201192302j:plainf:id:PokeCenIncho:20201201192357j:plainf:id:PokeCenIncho:20201201192049j:plainf:id:PokeCenIncho:20201031230136j:plainf:id:PokeCenIncho:20201201192513j:plain

記事:【ポケモン剣盾S12使用構築】眼鏡っ娘サイクル(最終337位、最終レート2009)

---------シーズン13----------
順位:380位
レート:1964
並び:f:id:PokeCenIncho:20210101215724j:plainf:id:PokeCenIncho:20210101220129j:plainf:id:PokeCenIncho:20210101220158j:plainf:id:PokeCenIncho:20201201194105j:plainf:id:PokeCenIncho:20210101220353p:plainf:id:PokeCenIncho:20201201192357j:plain

記事:【ポケモン剣盾S13使用構築】崖っぷちビースティングブースティング(最終380位、最終レート1964)

---------シーズン14----------
順位:781位
レート:1904
並び:f:id:PokeCenIncho:20210201203316j:plainf:id:PokeCenIncho:20210101220734j:plainf:id:PokeCenIncho:20201201192207j:plainf:id:PokeCenIncho:20201201192546j:plainf:id:PokeCenIncho:20201031230136j:plainf:id:PokeCenIncho:20210202141141j:plain

記事:【ポケモン剣盾S14使用構築】芸術は爆発だ(最終781位、最終レート1904)

---------シーズン15----------
順位:410位
レート:1952
並び:f:id:PokeCenIncho:20210401161345j:plainf:id:PokeCenIncho:20210711233952p:plainf:id:PokeCenIncho:20210711215340p:plainf:id:PokeCenIncho:20210401161321j:plainf:id:PokeCenIncho:20201201192439j:plainf:id:PokeCenIncho:20201201192207j:plain
---------シーズン16----------
順位:116位
レート:2019
並び:f:id:PokeCenIncho:20210401161308j:plainf:id:PokeCenIncho:20210401161321j:plainf:id:PokeCenIncho:20201201192207j:plainf:id:PokeCenIncho:20201201192546j:plainf:id:PokeCenIncho:20210401161947j:plainf:id:PokeCenIncho:20210101221238j:plain

記事:【ポケモン剣盾S16使用構築】天下無双ガブザシサンダーwithチョッキノラゴン(最終116位、最終レート2019)

---------シーズン17----------
順位:76位
レート:2017
並び:f:id:PokeCenIncho:20210401161308j:plainf:id:PokeCenIncho:20210401161321j:plainf:id:PokeCenIncho:20201201192207j:plainf:id:PokeCenIncho:20210401161947j:plainf:id:PokeCenIncho:20210101220353p:plainf:id:PokeCenIncho:20210101220734j:plain

記事:【ポケモン剣盾S17使用構築】天下無双ガブザシサンダー・改(最終76位、最終レート2017)

---------シーズン18----------
順位:130位
レート:2010
並び:f:id:PokeCenIncho:20210401161321j:plainf:id:PokeCenIncho:20201201192207j:plainf:id:PokeCenIncho:20201201192049j:plainf:id:PokeCenIncho:20210101220734j:plainf:id:PokeCenIncho:20210601214916p:plainf:id:PokeCenIncho:20210601215144g:plain

記事:【ポケモン剣盾S18使用構築】苦手ルールを対戦数でカバーした男のポリ2軸サイクル(最終130位、最終レート2010)

---------シーズン19----------
順位:293位
レート:1910
並び:f:id:PokeCenIncho:20201201192207j:plainf:id:PokeCenIncho:20210601220136p:plainf:id:PokeCenIncho:20201031230136j:plainf:id:PokeCenIncho:20201201192233j:plainf:id:PokeCenIncho:20210101220734j:plainf:id:PokeCenIncho:20210601215144g:plain

---------シーズン20----------
順位:199位
レート:1931
並び:f:id:PokeCenIncho:20210101220734j:plainf:id:PokeCenIncho:20201201192049j:plainf:id:PokeCenIncho:20210601215144g:plainf:id:PokeCenIncho:20210601220115p:plainf:id:PokeCenIncho:20210801131445p:plainf:id:PokeCenIncho:20201201192207j:plain

記事:【ポケモン剣盾S20使用構築】卑猥なTNを使用して、本当に申し訳ございませんでしたぁぁ(最終199位、レート1931)

---------シーズン21----------

順位:506

レート:1965

並び:f:id:PokeCenIncho:20211110214248p:plainf:id:PokeCenIncho:20211110214327p:plainf:id:PokeCenIncho:20201201192439j:plainf:id:PokeCenIncho:20201031230136j:plainf:id:PokeCenIncho:20210601215306j:plainf:id:PokeCenIncho:20210101220734j:plain

---------シーズン22----------

順位:204

レート:2011

並び:f:id:PokeCenIncho:20211110214248p:plainf:id:PokeCenIncho:20211110214443p:plainf:id:PokeCenIncho:20210401202144j:plainf:id:PokeCenIncho:20210711233952p:plainf:id:PokeCenIncho:20210101220734j:plainf:id:PokeCenIncho:20211110214546p:plain

---------シーズン23----------

順位:23

レート:2078

並び:f:id:PokeCenIncho:20211110214959g:plainf:id:PokeCenIncho:20201201192207j:plainf:id:PokeCenIncho:20210711233952p:plainf:id:PokeCenIncho:20211110214807p:plainf:id:PokeCenIncho:20211110214859p:plainf:id:PokeCenIncho:20210401202144j:plain

記事:【ポケモン剣盾S23使用構築】鉢巻ザシアンDream!(最終23位、レート2078)

---------シーズン24----------
順位:192位
レート:1921
並び:f:id:PokeCenIncho:20210401161308j:plainf:id:PokeCenIncho:20210401161321j:plainf:id:PokeCenIncho:20201201192207j:plainf:id:PokeCenIncho:20210401161947j:plainf:id:PokeCenIncho:20210101220353p:plainf:id:PokeCenIncho:20210101220734j:plain

---------シーズン25----------
順位:440位
レート:1876
並び:f:id:PokeCenIncho:20210401161345j:plainf:id:PokeCenIncho:20220401190002p:plainf:id:PokeCenIncho:20201001185014p:plainf:id:PokeCenIncho:20220401231830p:plainf:id:PokeCenIncho:20210401202144j:plainf:id:PokeCenIncho:20220401232357p:plain

---------シーズン26----------
順位:349位
レート:1901
並び:f:id:PokeCenIncho:20210401161345j:plainf:id:PokeCenIncho:20201201194105j:plainf:id:PokeCenIncho:20201031230452j:plainf:id:PokeCenIncho:20201031230013j:plainf:id:PokeCenIncho:20220401232815p:plainf:id:PokeCenIncho:20210401202144j:plain

---------シーズン27----------
順位:123位
レート:2004
並び:f:id:PokeCenIncho:20210401161345j:plainf:id:PokeCenIncho:20210401161911j:plainf:id:PokeCenIncho:20201201192439j:plainf:id:PokeCenIncho:20210711215340p:plainf:id:PokeCenIncho:20201201192513j:plainf:id:PokeCenIncho:20201201192207j:plain

---------シーズン28----------
順位:134位
レート:2001

並び:f:id:PokeCenIncho:20211110214959g:plainf:id:PokeCenIncho:20220401183635p:plainf:id:PokeCenIncho:20201201192207j:plainf:id:PokeCenIncho:20210101220444j:plainf:id:PokeCenIncho:20220401184203p:plainf:id:PokeCenIncho:20201201192546j:plain

 

2000乗ったポケモンたち

f:id:PokeCenIncho:20201001183116p:plainf:id:PokeCenIncho:20201001183141p:plainf:id:PokeCenIncho:20201001183209p:plainf:id:PokeCenIncho:20201001183216p:plainf:id:PokeCenIncho:20201001183225p:plainf:id:PokeCenIncho:20201001183156p:plainf:id:PokeCenIncho:20201001185014p:plainf:id:PokeCenIncho:20201201192207j:plainf:id:PokeCenIncho:20201201192302j:plainf:id:PokeCenIncho:20201201192357j:plain

f:id:PokeCenIncho:20201201192049j:plainf:id:PokeCenIncho:20201201192513j:plainf:id:PokeCenIncho:20210401161308j:plainf:id:PokeCenIncho:20210401161321j:plainf:id:PokeCenIncho:20201201192546j:plainf:id:PokeCenIncho:20210401161947j:plainf:id:PokeCenIncho:20210101221238j:plainf:id:PokeCenIncho:20210101220353p:plainf:id:PokeCenIncho:20210101220734j:plain

f:id:PokeCenIncho:20210601214916p:plainf:id:PokeCenIncho:20210601215144g:plainf:id:PokeCenIncho:20211110214248p:plainf:id:PokeCenIncho:20211110214443p:plainf:id:PokeCenIncho:20210401202144j:plainf:id:PokeCenIncho:20211110214546p:plainf:id:PokeCenIncho:20210711233952p:plainf:id:PokeCenIncho:20211110214807p:plainf:id:PokeCenIncho:20211110214859p:plain

f:id:PokeCenIncho:20210401161345j:plainf:id:PokeCenIncho:20210711215340p:plainf:id:PokeCenIncho:20201201192439j:plainf:id:PokeCenIncho:20220401183635p:plainf:id:PokeCenIncho:20220401184203p:plainf:id:PokeCenIncho:20210101220444j:plain

 

【メモ帳コピペ用】

シーズン 最終順位 最終レート
シーズン1 19815位 1716
シーズン2 3274位 1844
シーズン4 780位 1951
シーズン5 6320位 1732
シーズン6 1240位 1914
シーズン7 983位 1888
シーズン8 1478位 1884
シーズン9 494位 1955
シーズン10 261位 2007
シーズン11 39位 2043
シーズン12 337位 2009
シーズン13 380位 1964
シーズン14 781位 1904
シーズン15 410位 1952
シーズン16 116位 2019
シーズン17 76位 2017
シーズン18 130位 2010
シーズン19 293位 1910
シーズン20 199位 1931
シーズン21 506位 1965
シーズン22 204位 2011
シーズン23 23位 2078
シーズン24 192位 1921

【ポケモン剣盾S29使用構築】粉ミミ商標登録(最終69位、レート2004)


こんにちは、院長です。

剣盾で11回目のレート2000を超えを果たすことができました。また久しぶりの最終2桁でした。

S29では前期の構築を改良した構築を使用しました。

記事にしたので良かったら見ていってください! 


【構築コンセプト】 

・対面選出、展開選出が刺さる場合にはそれらを通す。
・上記の選出が刺せない時にはサイクル選出で拾う

【構築経緯(大半は前期の記事を言語化)】

パワーの凄まじい禁止伝説級ポケモンが2体採用可能なこのルールでは全ての構築に対してサイクルを回すのは難しい。
そのためまずは広い範囲に選出可能な対面選出、および展開選出を用意し、それらが刺せない場合にサイクル選出をできるように構築を組もうと考えた。

初めに対面選出を出来るポケモンを考え、下記の理由から最終的にザシアン×サンダーを採用した。
・ザシアンは身代わり、サンダーはタイプで環境に多い電磁波を拒否できる
・ザシアンはタイプと耐性、サンダーは高速高火力ボルトチェンジがあることによりサイクル性能も高い
・めっちゃ強い(小学生レベルの語彙力しかない)

この2体の対面選出をする際に下記の問題があるのでそれぞれ問題を解決してくれるポケモンを用意した。
1.カイオーガ入りにどうするか
2.この2体だとサンダー、ランドロス、エースバーンに対してが安定した立ち回りができない(出し負けのケアが出来ていない)
3.ホウオウやネクロズマといったザシアンが不利を取るサイクルに対して強く出れない。

1の解答として身代わり持ちのミミッキュを採用。サンダーをプレッシャーで採用することで初手カイオーガと対面した場合にS判定をし、こちらが遅い場合、相手はスカーフなのでダイマックスして倒しに行き、裏からのダイマックスをミミッキュで誤魔化す。こちらが上を取っている場合、相手は交代orダイマックスなので突っ張りに対してはボルトチェンジからミミッキュを出し、化けの皮と身代わりでダイマックスターンを全て枯らすことができる。
2と3解答としてジガルデを採用。
2についてはジガルデを採用することで出し負けをケアしたり、麻痺撒きでザシアンの補助をすることができる。
3についてはジガルデをが優位に立てるので有利なサイクルを形成することができる。

ここまででザシアンサンダーミミッキュジガルデの並びとなった。
ミミッキュの技は採用理由である身代わりは確定。ジガルデを採用したことにより電磁波を撒ける型が良いと考え、この2つの技を採用しながらザシアンやジガルデが呼ぶヌオーに強い型である電磁波呪い痛み分け身代わりの粉ミミッキュとした。

この時点でそれぞれ趣向の異なる2つの選出が確立され、通ってる構築に対しては割とイージーウィンが可能となった。
・ザシアンサンダー@1の対面選出
ミミッキュジガルデ@1の展開選出

上記の構築が刺せない場合にはサイクル選出をする必要がある。
その際に黒バドとマンムーに不利を取った場合のケアができていないので、引き先となれて電磁波でジガルデやザシアンのサポートが可能なポリゴン2を採用した。

最後の枠はラキヌオーの並びや初手のカバルドンを抑制でき、ムゲンダイナに予め麻痺を入れておけば受けも崩せるウオノラゴンを採用した。



【個体紹介】

 

ザシアン@くちたけん(ふとうのけん・ようき)

197(236)-192(12)-136(4)-×(0)-136(4)-220(252)

きょじゅうざん/インファイトつるぎのまい/みがわり

A→+3巨獣残でH252B4ザシアンがほぼ落ちる
S→最速
H→出来るだけ高く(A特化巨獣+石火意識)

環境に多い電磁波を無効化でき、ジガルデの麻痺と相性の良い身代わり剣の舞を採用。
相手のサンダーはこちらのジガルデで見れるため、じゃれつくは不採用。その代わりに等倍範囲を求めてインファイトを採用。

ネクロズマ相手でも麻痺を撒いていれば身代わり+剣舞インファイトで強引に突破できたりした。

 

サンダー電@いのちのたま(プレッシャー・ひかえめ)

168(20)-×(0)-106(4)-191(228)-111(4)-152(252)

ボルトチェンジ/ぼうふう/破壊光線/でんじは

C→ダイジェット+ダイサンダーでH252D4ザシアンほぼ落ちる(どっちも最低乱数じゃなければ落ちる)
S→99族意識で振り切り
HB→ダイマ状態珠ダメ+ゼクロムの+1雷撃確定耐え

前期ゼクロム入りに勝てなかったことから破壊光線採用。
HPの実数値が汚いが、"ダイマ状態珠ダメ×1+ゼクロムのA+1雷撃を確定耐え"調整をしたかったためしょうがない。

ダイマでも100族から麻痺を撒けるのが本当に偉い。

3桁帯でも初手から3タテ決めることもあるし、やはり文句なしの一般枠最強ポケモン



 
ジガルデ@たべのこし(スワームチェンジ・しんちょう)

213(236)-120(0)-141(0)-×(0)-145(132)-133(140)

サウザンアロー/へびにらみ/とぐろをまく/みがわり

クッション兼詰め。

ザシアンとのタイプ補完が素晴らしいポケモン
対面選出やサイクル選出でクッション兼麻痺撒きをしたり、展開選出で自身が詰め筋となったり座面に応じて動ける偉いポケモンだった。


ミミッキュ@ひかりのこな(ばけのかわ・おくびょう)

129(0)-85(0)-121(164)-70(0)-136(84)-162(252)

でんじは/みがわり/のろい/いたみわけ

S→最速
D→調整
B→出来るだけ高く

役割として
・サンダーと合わせてカイオーガを見る
・ホウオウダイナに安定して麻痺を撒く&削りを入れる
・ラキヌオーに投げる
・ザシアンやジガルデの起点作り
・初手でダイマを切る展開をする時に裏にストッパーとして置く
このように様々な場面で活躍してくれたポケモン

持たせるものがないので粉を持たせているが、粉で避ける前提で投げるのではなく、確実に麻痺を撒いたり削りを入れることを目的に投げるポケモン
あくまでも粉は上振れ要素でしかない。けど持たせて強い持ち物がこれしかない。
※Hの個体値下げてます。



 

ウオノラゴン@こだわりスカーフ(がんじょうあご・ようき)

175(76)-136(204)-121(4)-×(0)-105(36)-130(188)

エラがみ/ロックブラスト/げきりん/ねむる

諸説枠。殆ど出してない。
ただ見た目の圧をかけるという仕事は確実にしてくれたので、持ち物を変えて受け構築に出す駒にした方が良かったかもしれない。

 

ポリゴン2@しんかのきせき(アナライズ・図太い)

191(244)-135(0)-138(124)-×(0)-133(140)-80(0)

イカサマ/冷凍ビーム/電磁波/自己再生

HB→ザシアンの特化インファイト確定耐え
D→残り

サイクルをする際に厳しい黒バドやマンムーに受け出せる駒。
前期はガオガエンだったが、ガオガエンと比べると下記の2点が優秀だった。
・居座れる範囲が広い
・電磁波を使えるので1発耐えれば最悪電磁波撒ける
ガオガエンよりも腐りにくい
特にザシアンにも最悪突っ張って仕事をできるのが非常に偉い。
前期のガオガエンから変えて正解だった。

【構築の要点】

対面選出時のパワー

ザシアンとサンダーを両方受け切れるポケモンは存在せず、受け構築以外ならどちらかが確実に通っている。

どちらも初手性能が高い上、多少不利でもゴリ押しが効くため選出択になりにくい。



対策の薄い構築にはイージーウィンを狙える展開選出

選出で明確な勝ち筋が生まれるイージーウィン要素



確率ゲーの押し付けと確率ゲーの拒否

アタッカーのが身代わり持ち、は麻痺にならないため、電磁波が多い環境でもストレスフリーに戦うことができ、逆にこちらは麻痺撒きを多く採用しているため、絶望的な状況でも拾える対戦がある。



【選出】

基本選出1(対面選出)→ザシアンサンダー@1

パワーがある対面選出。初手のダイマックスで数的有利を取ってからで詰める。

基本選出2(展開選出)→ミミッキュジガルデorザシアン@1

ミミッキュで起点を作りザシアンorジガルデで積んでいく。ヌオー入りにはサンダーを絡める。

サイクル選出→臨機応変

対受け→ミミッキュジガルデサンダーorウオノラゴン

ムゲンダイナに電磁波入れてサンダーorウオノラゴンで崩す


【反省点】

毒びしダイナ入り受けループに対して全く勝ち筋がなかった。
終わってから気づいたが、ウオノラゴンをもっと受けに強い型にすれば拾えた対戦がありそう。


【結果】
69位

葉桜杯3位

https://youtu.be/338yjvbrqUA


【最後に】

今期は序盤はゆっくり過ごしてましたが、葉桜杯に出てからモチベーションが復活して安定して高い順位を保つことができました。
これも葉桜でたくさん応援を頂いたおかげです。
信じられない数の応援コメント嬉しかったです!!!

個人的にかなり思い出に残るシーズンとなりました。

来月はどのくらい力を入れてやるかは未定ですが、それなりにはやってると思うので来期もよろしくお願いします。


【最終日対戦動画】

coming soon.....

【ポケモン剣盾S27使用構築】イベルダイナナット(最終123位、レート2004)

f:id:PokeCenIncho:20220301192304p:plain

お久しぶりです、高身長イケボ院長です。院長 (@PokeCenIncho) | Twitter

久しぶりに朝まで潜り9回目のレート2000を達成したので簡単にですが記事に残したいと思います。

最終日の前日に作ったし、決して完成度が高い構築ではないですが、ぜひ見ていってください。

 

【構築経緯】

無性にチョッキイベルタルが使いたかったので、イベルタルを採用する口実を考えました。

序盤~中盤はイベルネクロで元気にしてましたが、環境の変化についていけず限界を感じたので泣く泣く解体。

潜ってて感じたのは今期はルール変更後の最初のシーズンということで、前のめりな構築が多いと感じました。

そのため相手のダイマをいなした後の後発ダイマや、ステロ等の定数ダメージを稼いだ後にダイマックスを通す動きが強そうだと考えました。

 

上記を踏まえた上で、環境に多く対処の難しいザシアン×カイオーガやゼルネアス×ネクロズマの並びに強く出ることができ、定数ダメージ稼ぎやダイマ枯らしが可能なナットレイから構築を組み始めました。

次にナットレイの苦手な炎タイプやウーラオス、サンダーあたりに強く毒での定数ダメージ稼ぎやマジカルフレイムによる誤魔化しが可能なムゲンダイナも同時に採用しました。

上記2体との相性を気にしつつダイマエースとしてザシオーガに通せる珠サンダーと、ザシオーガ以外には強く出ていけるイベルタルを採用しました。

ここまででザシアン、ホウオウ、ヒヒダルマを舐めすぎてるのでこれらをまとめて見れて他のポケモンとの補完も良いウインディを採用しました。

最後の枠は単体でジガルデ対策となれる、かつガブリアスやラッキー等のステロ巻きを迅速に処理できる枠が欲しかったため、馬鹿力採用のマンムーを採用して構築が完成しました。

 

【構築コンセプト】

サイクルで削りを入れながらエースを通す

ダイマックスをいなして後発ダイマを通す

【個体紹介】

 

イベルタルとつげきチョッキ(ダークオーラ・ひかえめ)

207(44)-135(0)-116(4)-192(188)-138(156)-134(116)

あくのはどうデスウイング/ねっぷう/いわなだれ

ぽけっとふぁんくしょん!

H...16n-1

B...ホウオウの意地珠ダイジェットほぼ耐え

D...カイオーガの雨下金珠潮吹きほぼ耐え

S...+1で最速130族抜き

C...できるだけ高く

参考元記事

【シリーズ8ダブル】CD突撃チョッキイベルタル : 7割より3割の方が特

S15の時にダブル勢の知り合いであるえげくんとレイドをしてる時に、当時ダブルで暴れ散らかしてて強いとオススメくれたイベルタル

参考元記事のものからシングル用に技と努力値を調整しました

特殊技を見せることでホイホイ出てくるホウオウをダイロックで葬りまくった。

デスウイングとチョッキの相性が非常に良く、特殊との打ち合いには馬鹿みたいに強い。

どのくらいかというと珠サンダーやチョッキWキュレムダイマを切り合って勝ったり、メテオビームムゲンダイナにデスウイング打ってるだけで体力に余裕を持ちながら打ち勝ったりするほど。

またこのポケモンは相手のダイマを誘発するため、ナットレイに引いてダイマを枯らす動きが非常に強かった。

ザシアンさえいなければ確実に最強のポケモン

 

 

ムゲンダイナ@くろいヘドロ(プレッシャー・おくびょう)

241(204)-×(0)-136(164)-166(4)-116(4)-183(132)

ダイマックスほう/マジカルフレイム/どくどく/じこさいせい

ぽけっとふぁんくしょん!

雑にクッションにしたり、マジフレで誤魔化したり、毒で崩したりと本当になんでもできる凄い子。

がしかし、初手スカーフミミッキュに電磁波くらう→1度も動かず呪われて死ぬなんてことが2度くらいあったりと本当に自覚がなかった。

しかし2000チャレではラス1でカイオーガの怒涛の冷凍ビーム連打に対して毒と再生で倒して「冷凍ビームで凍らなかった俺偉いでしょ?」って顔してこっち見てきた憎めないやつ。

 

 

ナットレイ@たべのこし(てつのトゲ・のんき)

181(252)-114(0)-198(228)-×(0)-140(28)-22(0)

ジャイロボール/やどりぎのタネ/まもる/ステルスロック

ぽけっとふぁんくしょん!

HD...カイオーガの雨珠ダイストリーム+守るした際のダイアイス+霰ダメージを残飯込みでほぼ耐え

B...残り

やってることがキモくて強い。

目論見通り環境への刺さりが良くたくさん仕事した。

カイオーガに対してサンダーのボルトチェンジから繋いだ際にダイマックスを全て枯らせるようにDを調整した。

 

 

サンダー電@いのちのたま(プレッシャー・おくびょう)

165(0)-×(0)-106(4)-177(252)-110(0)-167(252)

ボルトチェンジ/ぼうふう/ねっぷう/みがわり

ぽけっとふぁんくしょん!

説明不要。相変わらず強い。

カバルドン入りにも初手で出せる口実を作る身代わり搭載。

プレッシャーはカイオーガのスカーフ判定のため。

ザシオーガに対して基本的にサンダーが刺さっていたので初手においてアドバンデージを取っていく。

遅いカイオーガにはボルトチェンジからナットレイを出してダイマターンを枯らし、サンダーの後発ダイマをしていた。

ダイマ無し珠ダメ+巨獣+石火を耐えるか怪しいラインなので耐久調整しても良かったかも。

 

 

ウインディ@あつぞこブーツ(いかく・わんぱく)

197(252)-131(4)-145(252)-×(0)-101(4)-115(0)

フレアドライブかみくだく/おにび/あさのひざし

ぽけっとふぁんくしょん!
ザシアンやネクロズマをしっかる受けれる。

噛み砕くはバドアンチなので採用したが、ダイアークで3体くらい返り討ちにしたほか、あらかじめ嚙み砕くを見せておくことによって黒バドが変な行動をしなくなったりして強かった。

 

マンムーきあいのタスキ(どんかん・いじっぱり)

185(0)-200(252)-101(4)-×(0)-80(0)-132(252)

つららばり/じしん/ばかぢから/こおりのつぶて

ぽけっとふぁんくしょん!

わかりやすいジガルデ対策兼ガブリアスやラッキーのステロ撒きを迅速に処理するために採用。

無難に強いし、期待した通り仕事をこなしてくれた。

 

【構築の弱かった点】

・ザシアン入りに対して受け身に回りすぎる。

・エースを安全に着地できる場面が少なかった。

→削り役だけでなく、あくび等で展開を作れるようにすべきだったかも知れない

 

【結果】

f:id:PokeCenIncho:20220301111559p:image

 

【さいごに】

中盤まで常に2ロム2桁にいたりと元気でしたが、終盤は環境の変化に苦戦しました。

嬉しさと悔しさ両方が残る結果ですが、逆に今後のモチベーションにつながったのでこれからもぼちぼちやってこうと思います。

ここまで見て下さってありがとうございました。

院長 (@PokeCenIncho) | Twitter

 

【ポケモン剣盾S23使用構築】鉢巻ザシアンDream!(最終23位、レート2078)

f:id:PokeCenIncho:20211101144209j:image

 

こんにちは。院長です。自称高身長イケボの169cm夢見がちおじさんです。

twitter.com

ポケモン剣盾S23の構築記事を残します。

※今後仲間大会等でこのルールで対戦する時のメモとして、立ち回りをめっちゃゴチャゴチャ書いちゃいました。見にくくてすみません。

 

【構築経緯】

まず、個人的に僕が思うシリーズ10の禁伝のTire表を貼ります。

f:id:PokeCenIncho:20211101162445j:image

まあ、簡単に言うと

・ザシアンとムゲンダイナが抜けてる

・その2体だとザシアンの方がパワー出るから気持ち上

って思ってました。

しかしザシアンは構築とプレイングが難しくストレスもたまりやすく、

「本当はザシアン使えたほうが強いんだろうな」って思いながら長い間ムゲンダイナ使ってました。

そんな中、窓内の方が作成した鉢巻ザシアン構築を見て使いやすそうだなと思い、触ってみた所、かなり好感触だったのでほぼ丸パクリ(トリトドンの技だけ変更)しました。

 

【コンセプト】

・鉢巻ザシアンの圧倒的高火力でサイクルを破壊する

・サイクル破壊後に裏のポケモンで詰める

・ザシアン受けを破壊してニチャニチャする

・相手の禁伝枠に対してメタモンを上手く活用する

 

何回有利対面取れるか、そして有利対面でいかに相手に大打撃を与えるかがカギとなります。

 

【個体紹介】

使用したポケモンの調整と所感です。

立ち回りで気をつけた部分もここに書きます。

とは言っても技選択がシビアなのはザシアンサンダーとヒードラン辺りなので他はそんなに書くことないです。

 

 

ザシアン@こだわりハチマキ(ふとうのけん・いじっぱり)

175(60)-198(236)-136(4)-×(0)-137(12)-183(196)

じゃれつく/インファイトワイルドボルトかみくだく

ぽけっとふぁんくしょん!

・相手のザシアン受けを破壊できる最強ポケモン

・いかにコイツの有利対面を作るか、そして有利対面でいかに相手を崩せるかが勝利へのカギとなる

・相手のザシアンが耐久降ってなければインファイトで乱数で落とせるの神すぎる

 

〜立ち回りで意識したこと〜

・ザシアン軸にも積極的に初手に出す(脳死ではない)

→コイツで全力でアドを取りに行く構築だし、他のポケモンはコイツが出し負けた時のために用意した引き先です。

相手のザシアンに出し負けたらサンダーに引けば良いだけです。

相手がザシアン初手に来る確率1/6と静電気麻痺の確率を考えると6×30×30で5400となります。

つまり1/5400でアド取れるわけなので、初手に行けそうな時は積極的に初手に起きました。

というのは冗談だけど、そのくらいこの犬で破壊しに行く気持ち持ってないと意味ないし、サンダーバック→メタモンバックやヒードランバック→サンダーバックでケア効きます。そしてワンチャン静電気で麻痺らせたらほぼ勝てます

 

サンダー電@アッキのみ(せいでんき・ずぶとい)

197(252)-×(0)-135(140)-147(12)-111(4)-133(100)

ほうでん/ぼうふう/みがわり/はねやすめ

ぽけっとふぁんくしょん!

・高い詰ませ性能と不利展開も運ゲでひっくり返せるので、なんだかんだ入れ得ポケモン

・S振りがかなり生きてて、カイリューマンムーの上を取れるのはかなり大きかった

・コイツがいるからこそザシアン軸相手にこっちのザシアン初手に置ける。

→初手にこちらのザシアンと相手のザシアンが対面した時はコイツに引いてなんとかします。静電気ガチャ2回で麻痺らせることが出来たらほぼ勝てるし麻痺らなかったら負けで良いです。(と言いつつじゃれつくのタイミングでメタモン引いてる)麻痺らせたら割と行けるので。剣舞メタモンで牽制してます。

 

〜立ち回りで意識したこと〜

・相手のザシアンとの対面で裏にトリトドンがいる場合、絶対暴風を打つこと(ガマゲロゲも結構だるいから状況に応じて)

放電を押すと無償降臨を許してしまい、とても不利展開になるのでそこはかなり気をつけた。

というのも

1.相手のトリトドンに有利対面取られるとあくびループ抜けれない

2.あくびケアで身代わり貼ってからザシアンに引くという選択もあるが、その際は熱湯が飛んでくるので3割でザシアンが焼き犬になる。

3.暴風+ザシアンのインファイトで相手のザシアンは倒せる

トリトドンに加えてクレセリアがいると相手麻痺らせてもザシアン復活するので無理

 

ヒードラン@たべのこし(もらいび・ひかえめ)

193(212)-×(0)-127(4)-176(76)-143(132)-108(84)

マグマストーム/だいちのちから/おにび/ちょうはつ

ぽけっとふぁんくしょん!

・分かりやすいムゲンダイナ対策

・鬼火はムゲンダイナの裏のポケモンに刺さるので偉い技だった

〜立ち回りで意識したこと〜

ヌオーとの対面は裏次第で色々ややこしくなる。

→鬼火入れとくとこちらのザシアンのインファイトに対してヌオーあと投げが間に合わなくなるため焼いておきたいが、裏からメタモンorヒードランくると今度マグスト撃たれるか、大地撃たれるか、鬼火撃たれるか3つの択が生まれる。

ヌオー×メタモンorヒードランの並びには対面の作り方に気をつける

 

 

トリトドン@きれいなぬけがら(よびみず・おだやか)

218(252)-×(0)-109(164)-114(12)-123(76)-60(4)

ねっとう/だいちのちから/ドわすれ/じこさいせい

ぽけっとふぁんくしょん!

・原案から唯一変更

・瞑想オーガで詰まないようにど忘れを採用した

・大地の力はあまり打たなかったので瞑想オーガに打つ地震で良かったかも

・オーガ入りに出して仕事できれば良い枠

 

バルジーナゴツゴツメット(ぼうじん・しんちょう)

217(252)-86(4)-126(4)-×(0)-160(244)-101(4)

はたきおとす/どくどく/とんぼがえり/はねやすめ

ぽけっとふぁんくしょん!

・黒バド受け

・黒バド対面引いてきた相手に対して蜻蛉返り→ザシアン降臨がシンプルに強かった

 

 

メタモンこだわりスカーフ(かわりもの・まじめ)

155(252)-68(0)-68(0)-68(0)-69(4)-100(252)

へんしん///

ぽけっとふぁんくしょん!

・ザシアンはサイクルが有限のため崩された時の切り返し枠

 

【選出】

ザシアンは確定とし、相手の禁伝に応じて下記のポケモンをほぼ確定とする。

ザシアン→サンダー

ムゲンダイナ→ヒードラン

黒馬バドレックス→バルジーナ

カイオーガトリトドン

上記にない禁伝は雰囲気でどうにかなってました。

 

日ネクロはサンダーとヒードランのサイクルで誤魔化したり、じゃれ読みで引いてくるところをインファイト2発でぶっ飛ばしてましたが、相手が何の技持っているかによってかなり詰め方変わってくるので、型メモ必須でした。

 

残り1体は雰囲気ですがメタモンが多いです。

メタモンがいるおかげでこちらのザシアンが相手のサンダーに静電気食らって機能停止しても切り返しが効くのがかなり大きいです。

 

【重いポケモン

・ザシアン×トリトドン・・・サンダーの所で触れたがあくびループを抜けられないため、有利対面を許すと対戦のペースを完全に持ってかれる。

そのため、こちらは初手ザシアンを強要される。

こちらのサンダーと相手のザシアンが対面し相手の裏にトリトドンがいることが分かっている時は積極的に暴風or釣り交換する頭おかしい奴にならないといけない。

とにかく有利を取られないことを徹底。

更にクレセリアいるとほぼ無理

・残飯ランドロス・・・物理受けであるサンダーがランドロスに通る技が命中不安技なので、後出しからだと暴風の外しが許されない。

・タスキメタモン・・・この技範囲のザシアンコピーされてA2段階アップの打ち分け可能はバグになる

【結果】

TNソード 最終23位

f:id:PokeCenIncho:20211101173433j:image

 

【最後に】

正直結果を出すなら今期だと思ってたので、自己最高記録が出たことは嬉しい反面、最後勝ち切れなかったのも事実なので悔しさも大きいです。(めっちゃ負けず嫌い)

そして最終1桁とか取ってる人って本当にすごいんだなあと改めて感じたし、めっちゃ尊敬します。僕もいつか1桁行ってみたい。

僕はもう結構おじさんだし、将来のことも考えると好き勝手にポケモンばっかりしていられる時間って長くないと思いますが、悔しいと思ってるうちはまだ成長できる可能性あると思うので今後もできる限り楽しく全力で取り組んでいこうと思います。

ここまで見てくださりありがとうございました。

 

【Special Thanks】

構築を提供してくれたYorushikaさん

いつも通話してくれたぽけぽけフレンドタイムの窓の皆さん

【ポケモン剣盾S22使用構築】ダイナメタモン(最終順位204位、最終レート2011)

f:id:PokeCenIncho:20211031111539j:image

※レンタル非公開にしちゃいました

【構築経緯】

①高いクッション性能と毒による崩し性能が強いと思いHbsムゲンダイナからスタート

②ムゲンダイナが暴れることが難しいザシアンと黒バドに対して大暴れすることができるスカーフメタモン

③ダイナとの補完が良く、ギミックにもストレスなく戦えるHbs残飯スイクン

④黒バド、日ネクのクッションや放電による麻痺でスイクンの瞑想の起点を作れるHbdポリゴン2

⑤上記できつめなテテフや耐久ポケモンが入ってるザシアン軸に対して強い選出ができるHDヨプヒードラン

⑥見た目上電気と地面の一貫を切れて受けに強いAS化身ランドロス

 

【結果】

深夜2時くらいに2000乗ったが、次の日仕事あったので泣く泣く撤退。

もう少し潜りたかった

f:id:PokeCenIncho:20211029202120p:image

【ポケモン剣盾S22こうきちくん使用構築】ダイナ軸サイクル

f:id:PokeCenIncho:20211004122614j:image

【はじめに

こんにちは。院長です。(https://mobile.twitter.com/pokecenincho

自分が作った構築で窓の人が21位という結果を残したので、簡単に構築経緯や調整等を記事にします。

※自分は別の構築使っており、使用感についてはわかりません。使用感は使用者が別に記事を書くと思います。

 

 

【構築経緯

①高いクッション性能と毒による崩し性能がとても強いと感じ、ムゲンダイナからスタート。

②ムゲンダイナが不利をとるザシアンや大半の地面枠に強い枠としてゴツメヒートロトムを採用

ヒートロトムのゴツメで削った後のスイーパーとして水ウーラオスを採用。

④ここまでで相手のムゲンダイナやヒードランに対してサイクルで安定しなそうなので、ウーラオスと合わせて受けにも強そうなヤドキングを採用。

⑤ほかのポケモンとの補完も考えながら、ゼルネアス対策、黒バド対策としてギルガルドバルジーナをぶち込んで完成。

 

【構築コンセプト

・耐久ポケモンをムゲンダイナの毒で崩しながらサイクル勝ちする。

・相手のポケモンを削ってウーラオスでスイープ。

・数的有利をとってムゲンダイナで詰ませる。

 

【個別紹介

f:id:PokeCenIncho:20211003225536p:plain

ムゲンダイナ@黒いヘドロ 

特性:プレッシャー 性格:臆病 

技構成:ダイマックス砲、火炎放射、どくどく、自己再生

241(204)-x-136(164)-166(4)-116(4)-183(132)

 

f:id:PokeCenIncho:20211003225616p:plain

ヒートロトムゴツゴツメット 

特性:浮遊 性格:ずぶとい 

技構成:オーバーヒート、ボルトチェンジ、鬼火、イカサマ

157(252)-x-174(252)-126(4)-127(0)-106(0)

 

f:id:PokeCenIncho:20211003225703p:plain

ヤドキングとつげきチョッキ 

特性:再生力 性格:控え目 

技構成:サイコショック、熱湯、火炎放射、未来予知

202(252)-x-100(0)-167(252)-131(4)-50(0)

 

f:id:PokeCenIncho:20211003225742p:plain

ウーラオス(連撃)@こだわりスカーフ 

特性:ふかしのこぶし 性格:ようき

技構成:すいりゅうれんだ、インファイトアクアジェット、とんぼ返り

175(0)-182(252)-121(4)-x-80(0)-163(252)

 

f:id:PokeCenIncho:20211003225838p:plain

ギルガルド@弱点保険 

特性:バトルスイッチ 性格:生意気

技構成:アイアンヘッド、影うち、剣の舞、キングシールド

シールドフォルム:167(252)-79(72)-160(0)-x-201(180)-58(0)

ブレードフォルム:167(252)-169(72)-70(0)-x-102(180)-58(0)

 

f:id:PokeCenIncho:20211003225905p:plain

バルジーナ厚底ブーツ 

特性:防塵 性格:しんちょう

技構成:はたき落とす、とんぼ返り、どくどく、羽休め

217(252)-85(0)-128(20)-x-159(236)-100(0)

 

 

【ポケモン剣盾S20使用構築】卑猥なTNを使用して、本当に申し訳ございませんでしたぁぁ(最終199位、レート1931)

 

f:id:PokeCenIncho:20210801134344j:plain

【はじめに】

こんにちは。院長です。(https://mobile.twitter.com/pokecenincho

ポケモン剣盾S20の構築記事を残します。

特別強い構築ではないけど、前期よりはマシでした

 

【成績】

TN:進撃の巨珍

最終順位:199位

最終レート:1931

卑猥なTNを使用してしまい、本当に申し訳ありませんでしたぁぁぁ

(終盤、せめて最終日には変えるつもりだったけど、勝てなくてそんな場合じゃなかったので、巨珍のまま進撃した)

 

【今期の取り組み方】

前期は不完全燃焼で終わったので、冠環境は最後だし(このルールあんまり好きではないけど)しっかり頑張るか〜くらいのそれなりのやる気で取り組みました。

 

【構築経緯】

前期はf:id:PokeCenIncho:20201201192207j:plainf:id:PokeCenIncho:20201031230136j:plainを使ってましたが、鉢巻ラオスは交換読みをバンバン決めてかないと相手を崩せないので、あんまり性格と合ってないなと思い、S18で使ってた感じのひたすらクルクルしてる構築が良いなと思ってました。

S18の構築の中でも、f:id:PokeCenIncho:20210101220734j:plainf:id:PokeCenIncho:20201201192049j:plainf:id:PokeCenIncho:20210601215144g:plainの3匹の並びはかなり動かしやすくここから構築を組み始めました。

S18の構築はf:id:PokeCenIncho:20201201192357j:plainf:id:PokeCenIncho:20201201192233j:plainが受からないので、良い駒いないか探したところ、前期1位構築にいたf:id:PokeCenIncho:20210601220115p:plainがかなりしっくり来たので参考にし、この4匹を固定で潜ってました。

残りの2匹の補完枠では下記の要素を埋めたいと考えました。

①受け崩しが出来る

f:id:PokeCenIncho:20201201194105j:plainf:id:PokeCenIncho:20210801131316p:plainf:id:PokeCenIncho:20201201192233j:plainの並びに出していける

③電気の一貫を切れる枠

④補完2匹のうち1匹は(1番嫌いなポケモンなので)ランドロスに弱くない

これらを満たす枠を探して残り2匹は1カ月間ずっとコロコロ変えてました。

最後の3日位前からf:id:PokeCenIncho:20210801131445p:plainを固定し、最後の夜中2時にf:id:PokeCenIncho:20201201192207j:plainを入れて構築が完成しました。

(できれば鋼タイプ入れたかったけど、信頼出来る鋼タイプがいなかった。そのため岩と氷の通りがエグい)

一応一瞬でも入ってきたポケモンたち

f:id:PokeCenIncho:20210101220158j:plainf:id:PokeCenIncho:20201201192357j:plainf:id:PokeCenIncho:20201201192233j:plainf:id:PokeCenIncho:20210801131546p:plainf:id:PokeCenIncho:20210801131600p:plainf:id:PokeCenIncho:20210801131615p:plainf:id:PokeCenIncho:20210801131646p:plain

 

【構築コンセプト】

・受け性能、ダイマックス性能共に高いポケモンでサイクルで

相手のポケモンを削ったのちに、こちらのダイマックスを通す。

・受けが強い構築ではあるが、受け思考ではなく崩しルートを考えて攻めの選出をする。

・先に数的有利を取り、あとは回復してるだけでTODという戦法を取れるようにする。

→この冠ルールはこの動きがかなり強いので賛否両論なのも納得

 

【個別紹介】

f:id:PokeCenIncho:20210201204301p:plain

ポリゴン2@しんかのきせき
特性:アナライズ 性格:図太い

技構成:破壊光線、イカサマ、冷凍ビーム、自己再生

191(244)-90(0)-148(196)-134(68)-115(0)-80(0)

構築の原点。

このルールで最も信頼してるポケモン

多分よくある型なので説明不要と思われる。

たまに放電欲しくなるけど、結局これで良い。

 

f:id:PokeCenIncho:20201201182648p:plain

カプレヒレ @拘りスカーフ
特性:ミストメイカー 性格:おくびょう

技構成:ムーンフォース、波乗り、冷凍ビーム、トリック

145(0)-x-136(4)-147(252)-150(0)-150(252)

火力不足感あるけど、f:id:PokeCenIncho:20210601224247p:plain抜きたいので結局最速。

これもテンプレだし、説明不要と思われる。

f:id:PokeCenIncho:20210601215936p:plain
ヤドキング@突撃チョッキ
特性:再生力 性格:冷静

技構成:ヘドロ爆弾、冷凍ビーム、火炎放射、地震

201(244)-x-100(4)-159(120)-148(140)-45(0)

これもテンプレ?

相手の選出が物理だけだと腐るのでそこは注意が必要だった。

ヘドロ爆弾の毒がかなり強い。

f:id:PokeCenIncho:20210801132146p:plain

カイリュー@食べ残し
特性:マルチスケイル 性格:わんぱく

技構成:ダブルウイング、馬鹿力、羽休め、龍の舞

193(212)-156(12)-155(204)-x-121(4)-110(76)

前期1位のかたの使用していたf:id:PokeCenIncho:20210601220115p:plainを参考にした。

f:id:PokeCenIncho:20210601215144g:plainのヘドロ爆弾の毒と合わせれば冷凍ビームの試行回数は稼がせるものの、龍舞×ダイナックルでf:id:PokeCenIncho:20210101220734j:plainを起点にすることができる。

f:id:PokeCenIncho:20210801132522p:plain

ガラガラ@巨根
特性:避雷針 性格:意地っ張り

技構成:フレアドライブポルターガイスト、骨ブーメラン、剣の舞

147(92)-145(252)-130(0)-x-100(0)-86(164)

受け崩し兼地面の一貫切り。

ポルターガイストの仕様を忘れて持ち物ない相手に何回もポルターガイスト打った。

f:id:PokeCenIncho:20201201185625p:plain

サンダー@弱点保険
特性:静電気 性格:穏やか

技構成:放電、暴風、身代わり、羽休め

191(204)-x-106(4)-147(12)-150(212)-130(76)

所説枠。

ラグ+ゴリラの並びを見たら基本的に出す。

最終日の夜中にボックスにいたやつを入れただけなので、調整とか絶対もっといいのある。

身代わりはあまり考慮されないので、対戦のペースを握ることができた。

弱点保険警戒されすぎて誰も弱点ついてこなかった。 

 

【終わってみて】

最終日に構築が仕上がらず、順位も良いわけでもなく結局モヤモヤしながら終わった泣

 

【最後に】
ここまで読んでいただいてありがとうございます。

少しでも誰かのためになれば嬉しいです。

これからもポケモン頑張りますのでよろしくお願いします。